柳田将洋 髪の毛が気になる?慶應出身のエリートの経歴とは?

10月1日から男子バレーボールのワールドカップが開催されます。そこでは、な

んと50年ぶりの慶応大生として全日本のメンバーに登録された選手でもある柳田

将洋選手が出場されます。

 

そこで今回は、そんな柳田選手についての慶應出身のエリートの経歴と、また髪

の毛についても話題になっているので、それについても見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

・柳田将洋のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

🍒 全日本のキャプテン就任おめでとうございます ろ \(>∀<)/ーーーー ♪ プロになって海外へ渡る… 衝撃の発表から約1年 嬉しい結果が付いて来ました✨✨✨ * 言いたい事を上手くまとめようと、昨日から一晩考えたのですがまとまりません💦 まぁ要するに、、 嬉しい‼️頑張って‼️ 以上です!(≧∀≦) * 今日、4月11日はガッツポーズの日だと教えてもらいました💪 キャプテンの決意表明みたいな感じの写真を選んだら、偶然ガッツポーズしてた (^o^) * そしてパーソナルブック♡ 楽天で売り切れだったから発売日には手に入らないかと思ってたけど、NBPで明日から受付だそうでよかった!!しかも特典付き^^* ♪ ♪ #龍神NIPPON #柳田将洋 #新主将 #キャプテン #CaptainMasahiro #4月11日 #ガッツポーズの日 2017.08.09

M@YUMIさん(@87gdayu)がシェアした投稿 –

 

本名:柳田将洋(やなぎだまさひろ)

生年月日:1992年7月6日(27歳)

身長:186cm

血液型:O型

出身地:東京都江戸川区

 

柳田選手は両親の影響で7歳の頃からバレーボールを始めました。そして、中学

は安田学園中学校、そして高校は東洋高等学校に進学しました。柳田選手は高校

1年生の頃から全国的に知名度もあり、2009年には全日本ユース代表に選ばれ、

また2010年にはキャプテンとなり全国高等学校バレーボール選抜大会に出場し、

見事優勝を果たしたのでした。

 

・慶應出身のエリートの経歴とは?

2011年には、慶応義塾大学環境情報学部に進学し、2013年の柳田選手が21歳の

時に全日本のメンバーに選出されました。そしてその選出というのが、慶應義塾

の学生では50年ぶりの快挙だったとのこと。これは本当に凄いことですよね!ま

さに文武両道といったような感じですね。

 

その後の2014年にVプレミアリーグのサントリーサンバーズに入団、そして2015

年にデビューし、2015/16シーズンレギュラーラウンドでは最優秀新人賞を獲得

するのでした。

 

・柳田将洋 髪の毛が気になる?

 

 

柳田将洋選手と言えば、バレーの実力と学歴もさることながらイケメンであるこ

ともあり女性からの人気も相当なものです。しかしながらそれゆえに、柳田選手

の髪の毛に注目が集まっています。

 

上の写真を見る限り確かにおでこが広いような感じがしますが、そんなに気にな

るほどでもないような印象がします。やはりイケメンということもあり、注目さ

れてるからこそ話題になったのでしょうね!

 

ただそれでもイケメンであることは間違いないので、今回のワールドカップでも

きっと注目されるでしょうね。

 

・まとめ

今回は、

 

『柳田将洋 髪の毛が気になる?慶應出身のエリートの経歴とは?』

 

について見ていきました。

 

10月1日から開催される男子ワールドカップバレーでは柳田将洋選手も出場され

るとのことで、きっと盛り上がること間違いないでしょう。男子日本の選手達の

活躍期待したいと思います。

 

<関連記事>

深津英臣 髪の毛が気になる?ドーピング回避の為の選択とは?

樋口裕希 バレーの二刀流の日本代表?データを駆使する頭脳派プレーヤー!

清水邦広 ケガから復帰!新星を引きずり下ろすの真意とは?

西田有志 ジャンプ力が凄くダンク?(画像有)コラボしたブランドとは?

古賀太一郎(バレー) ヒゲの理由は?実は兄も全日本のメンバーだった?

山内晶大 指輪の結婚相手は誰?実は喫煙者だった?

藤井直伸 出待ちと彼女の関係は?人気の秘密はなぜなのか?

李博 ゴーグルメガネはなぜ?実は案外単純な理由からだった!

高橋健太郎(バレーボール)実は甲子園を目指してた?なぜ辞めた?

福澤達哉 子供の性別は?秀才の夢は弁護士だった?

大竹壱青の父と姉もバレー選手!熱狂的に好きなアイドルとは?

関田誠大の移籍先って?彼女と結婚のついての状況とは?

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする