しくじり先生 山口真由の恋愛がヤバイ!悲劇のヒロインのワケとは?【しくじり先生 俺みたいになるな!! 】

7月23日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』にて、弁護士の山口真由さ

んが登場されます。番組では山口さんの恋愛偏差値の低さについて触れられるよ

うなのですが、番組告知ではこのようになっています。

 

「東大卒業」「元財務官僚」「ニューヨーク州弁護士」という超エリートな肩書を持つ山口真由が登壇!人生を勉強に費やし高偏差値な頭脳を手に入れたものの、恋愛偏差値はクソ低く結婚ができないという山口先生。その原因を“男性に認められたい!”“自分の存在意義を見出したい!”と自分自身のことばかり考え、相手と一緒に楽しむ時間を軽視したのが原因だと分析。ストイックに頑張っている女性が陥りやすい恋愛しくじりを解説しながら、恋愛偏差値を下げないための教訓を伝授します!! 
 

引用元:tv asahi GO

 

山口さんの経歴って本当いすごいですね!それに対して、恋愛偏差値はかなり低

いとのことで、今回山口さんの恋愛について調べてみるとけっこうヤバイことが

判明したのです。そこでここではその内容について見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

・しくじり先生 山口真由の恋愛がヤバイ!

 

 

山口さんの恋愛観については、予告欄にもあったのですが、男性に認められる

こと自分の存在意識を見出したいという思いがあったそうで、それがかなりワ

ガママな方向に発展したヤバイエピソードがあったのです。それがこちらです。

 

「今すぐ○○してくれないなら、もうこの関係は続けられません!」みたいな2択を迫ったりしていました。「交渉とはこのようにするものだ」と思い込んでいたので……(笑)。そんなときは相手の都合なんてお構いなし。

彼が手を離せないと分かっているのに、「迎えに来て!」と迫ったり、かなり無茶を言っていました。そんなことばかり繰り返すので、最終的には「付き合いきれない…」ってフラれちゃう(笑)。彼に自己犠牲を強いることで、自分の価値を確認したかったのだと思います。

 

引用元:めるも

 

けっこう彼氏に対してひどいことをされていたんですね。恋愛に交渉を交ぜ、そ

れがあたかも通常のことのように2択の質問をされ続けていたら、さすがに男と

しては疲れたでしょうね。男にとって彼女という存在は、やはり癒しの存在であ

ってほしいものだと思います。

 

また、彼氏の自己犠牲に対して自分の存在価値を確認するというエピソードに関

しては、さすがに少し引いてしまいました。苦笑

 

・山口真由の悲劇のヒロインのワケとは?

 

 

山口さんは東大を首席で卒業したり、また元財務官僚であったり、弁護士にも関

わらず、意外と気が小さいそうなのです。また、物事に関しては深く考え込むタ

イプの人なのだそうで、特に人間関係が苦手なのだとか!そういったこともあ

り、人間関係においては「ちゃんとしよう」と思っていたそうです。

 

そのようなことが、悪い方向に進み、敢えて自分を責めてイジメてみたり、自分

のネガティブな部分を考えすぎたり、自分を傷つけて”悲劇のヒロイン”になって

いたとのこと。

 

しかしながら、そういったことも30歳になり心に余裕ができ、以前所属していた

事務所を辞め、海外に行ったことをきっかけに、無理せず付き合える人と、いい

距離感で付き合ったらいいということを学んだそうなのです。

 

それにしても、案外「ちゃんとしよう」という考え方は一見いいようなものに感

じるのですが、それ自体がプレッシャーとなり、逆にうまくいかなくなるという

ことは多々ありますよね?なので、ここでもでてきたように、無理せずに自然体

で日々を生きていくことが一番いいことなのでしょうね!

 

・まとめ

今回は、

 

『しくじり先生 山口真由の恋愛がヤバイ!悲劇のヒロインのワケとは?

【しくじり先生 俺みたいになるな!! 】』

 

について見ていきました。

 

7月23日放送の『 しくじり先生 俺みたいになるな!! 』では、山口さんの恋愛偏

差値が低いエピソードが語られるとのことなので、失礼ではありますが、楽しみ

にしたいと思います。 

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする