激レアさんのテルコ(冨永照子)とは?伝説の女将の手腕とは?【激レアさんを連れてきた。】

9月6日放送の『激レアさんを連れてきた。』にて、ゴーストタウン手前まできた

浅草を日本有数の観光地にした伝説の女将である冨永照子さんが登場されます。

ゴーストタウンから観光地へと変えたという手腕はすごいですよね?

 

そこで今回はそんなテルコさんについてのプロフィールや伝説の女将としての手

腕について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

・冨永照子のプロフィール

 

 

本名:冨永照子(とみながてるこ)

生年月日:1937年1月3日(82歳)

出身地:東京都浅草

職業:手打ちそば店「十和田」4代目女将

 

・激レアさんのテルコ(冨永照子)とは?

テルコさんは昭和12年生まれで、浅草育ちの浅草生まれ、そして学生時代という

のは、台東区浅草小学校、上野学園中・高一貫校と通い卒業されたようです。

 

その後は就職し、浅草仲見世老舗手打ちそば『十和田』の四代目女将と就任され

るのでした。そして現在は肩書がいろいろとあり、以下のようになっています。

 

株式会社浅草FURISODEgirls 代表取締役

 

NPO法人全国商店街おかみさん会 理事長

 

一般財団法人ニッポンおかみさん会 代表

 

やはり職業柄「おかみさん」の名の付くのが目立ちますね!生まれも育ちも浅草

ということもあり、きっと周りの人たちからも慕われているのでしょう。

 

・伝説の女将の手腕とは?

さて、それでは番組で放送されるテルコさんのゴーストタウンから日本有数の観

光地にした手腕とはどのようなものなのでしょうか?

 

浅草と言えば、私がイメージするのはマンガの『こちら葛飾区亀有公園前派出

所』なのですが、戦争前後の浅草は様々なエンターテイメントの拠点となってい

たようです。しかし1960年代になると、東京オリンピックに伴い、高速道路や新

幹線の発展することにより、若者文化は渋谷や六本木へと移っていきました。

 

そんな中、テルコさんは1967年に20人ほどのおかみさんを集めて「浅草おかみさ

ん会」を結成し、浅草サンバカーニバルや浅草ニューオリンズジャズフェスティ

バルなどを企画、実行し浅草を盛り上げていったのです。本当に凄い行動力です

よね!

 

またその詳細な経緯については番組で取り上げられると思うので楽しみにしたい

と思います。

 

・まとめ

今回は、

 

『激レアさんのテルコ(冨永照子)とは?伝説の女将の手腕とは?

【激レアさんを連れてきた。】』

 

について見ていきました。

 

9月7日放送の『 激レアさんを連れてきた。 』では、テルコさんについての人柄

やチャキチャキとした性格でのエピソードなども披露されるということなので、

ぜひ楽しみにしたいと思います。

 

<関連記事>

激レアさん 菅野瑞治也の謎の秘密結社とは?真剣でのヤバイ決闘だった!【激レアさんを連れてきた。】

激レアさん 古田貴之はガリガリ博士!大病で余命8年の宣告をされていた過去とは?【激レアさんを連れてきた。】

瀧川鯉斗(落語家)は激レアさん!なぜ暴走族総長から落語家へ?【激レアさんを連れてきた。】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする