激レアさん 菅野瑞治也の謎の秘密結社とは?真剣でのヤバイ決闘だった!【激レアさんを連れてきた。】

8月31日放送の『激レアさんを連れてきた。』にて、”タダ酒につられて謎の秘密

結社に入会させられて、真剣で斬り合う決闘するはめになった人”が紹介される

そうなのです。その人の名前は菅野瑞治也さんと言います。

 

秘密結社といえば、フリーメーソンやイルミナティなどを私は連想するのです

が、それにしても秘密結社で真剣で斬り合う死闘というのも気になりますよね?

 

そこで今回は、そんな菅野瑞治也さんについて調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

・激レアさん 菅野瑞治也の謎の秘密結社とは?

 

 

菅野瑞治也さんは京都外国語大学外国語学部ドイツ語学科の教授で、今から約30

年前の1980年代にドイツのマンハイム大学に留学されました。そこでサッカーが

好きな菅野さんは、サッカー友達に誘われ秘密結社に入会されたそうなのです。

おそらくこのときにただ酒の誘惑があったんでしょうね!

 

そしてその気になる秘密結社の名前は『コーア・レノ・ニカーリア』というので

す。

 

この『 コーア・レノ・ニカーリア 』というのが、学生の集まりによる秘密結社

のようで、ドイツには約1000団体ほどあるらしく、その人数も15万人にも達する

そうなのです。秘密結社の割には思ったより人数が多いですよね?

 

・ 『 コーア・レノ・ニカーリア 』 では真剣でのヤバイ決闘だった!

『 コーア・レノ・ニカーリア 』 では厳しい規律が多々あるようで、正式な会員

として入会するには3回の決闘が義務となり、また女性の出入りは禁止されてい

るそうです。

 

そしてその決闘というのが、長さ1メートルほどの剣を右手に持ち、大きな致命

傷にならないように目や首、体などに防具を身に着け、左手は腰に添え行うとの

こと。

 

またルールとしては、突きは禁止で決闘中は剣を避けること、そして後ずさりす

ることも禁止され、1ラウンド5、6秒のものを25ラウンドも行うそうなのです。

5、6秒と聞くと短いような感じはしますが、実際に真剣で向かい合ってみると相

当長く感じてしまうんでしょうね。

 

この儀式の目的は、ヨーロッパの騎士道からくる勇気と精神性の強さを証明する

ものであるため勝敗などはつかないとのこと。ただやはりこのような経験をする

ことによって、実際にも精神的にはある程度強くなりそうですね。

 

・まとめ

今回は、

 

『激レアさん 菅野瑞治也の謎の秘密結社とは?真剣でのヤバイ決闘だった!

【激レアさんを連れてきた。】』

 

について見ていきました。

 

8月31日放送の『 激レアさんを連れてきた。 』では、菅野瑞治也さんのさらに詳

細な経歴なども紹介されるはずなのでそれも楽しみにしたいと思います。

 

<関連記事>

激レアさん 古田貴之はガリガリ博士!大病で余命8年の宣告をされていた過去とは?【激レアさんを連れてきた。】

丸山大輔 男子1人の激レアさん!経緯と年1回の最高のイベントとは?【激レアさんを連れてきた。】

激レアさんのテルコ(冨永照子)とは?伝説の女将の手腕とは?【激レアさんを連れてきた。】

瀧川鯉斗(落語家)は激レアさん!なぜ暴走族総長から落語家へ?【激レアさんを連れてきた。】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする