進研ゼミのタブレットと紙どちらがいいのか?【タブレットを選んだ理由】

進研ゼミをいざ始めようとすると、まず一番初めに悩むことが、

「 タブレットと紙教材どちらがいいの? 」

ということかもしれません。

 

実際私がそうでした。

私の息子は、今年2019年の4月から小学1年生になりました。

 

結局のところ、私はタブレット教材を選んだのですが、今回は個人的な見解にはなるのですが、タブレットと紙教材について、私なりに思ったメリットとデメリットについてまとめてみようと思います。参考にして頂けたら、幸いです。

 

スポンサーリンク

・進研ゼミのタブレットと紙どちらがいいのか?

まず、進研ゼミのタブレットと紙どちらがいいのか?ということを判断する前に、実際に進研ゼミに現在加入している利用割合を知りたいですよね?

そこでけっこう調べてみたのですが、分かった情報というのが、

「進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ」 延べ利用者数が 100 万人を突破しました

引用元: https://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/m/2017/02/21/docs/20170221release.pdf

という2018年のただ単に人数を足していっただけの延べ人数だけで、実際の人数であったり、利用割合というのは残念ながら見つけることができませんでした。すみません。

 

おそらくですが、進研ゼミとしてはタブレットを推奨しており、ただ紙の受講している割合がけっこう高いために、情報は公開していないかもしれませんね。

 

それでは次に私が思うタブレットと紙教材のそれぞれのメリットとデメリットまとめてみます。

・タブレットのメリットとデメリット

タブレットのメリットとしては思うことはこの3つです。

 

・直観的な操作ができる

・図形などの空間問題がわかりやすい

・飽きなさそう

 

今もそうなのですが、今後も文字を書く機会が少なくなると思っており、何をするにもタブレットのような小さなディバイスで物事が完結していくと思います。

そのために今からでもタブレットで勉強していくのは慣れる意味でもいいと思いますし、また図形や立体の問題では、それが展開したものを見ることができるので、分かりやすいです。

そして、特に勉強の習慣などが身についてない子はそうなのですが、すぐに集中が切れてしまい飽きてしまいます。それを防ぐためにも、ある意味ゲーム感覚でちょっとして隙間時間などでも有効的に活用できるタブレットというのはいいと思うのです。

 

また逆にデメリットも3つ挙がりました。

 

・壊れる恐れがある

・ネット環境や、初期設定が面倒

・問題自体の量や質

 

タブレットはやはり電子機器を扱うことになるので、ネット環境や初期の設定というのがあり、初期のガイドブックもあるので難しくはないですがはじめ若干手間ではあります。

そしてなにより、小学生の場合6年間利用することになるので壊れる恐れがあり心配になってきます。今回、私の場合は未加入だったのですが、心配な場合は「チャレンジパッドサポートサービス」というのがあり、2019年の現在では1回税抜き3000円でこうかんしてくれるようです。

また、タブレットにおいて問題の質や量の心配もあるかと思います。これにおいては、まだ実際にやって1か月程度なので何とも言えないのですが、メインレッスンが終了すると、他に”もっと演習コース”と”もっと発展コース”があるので十分かと思います。

ベネッセ 進研ゼミ 小学講座 資料請求プロモーション

・紙のメリットとデメリット

紙教材のメリットとしては2つあり、

 

・記述に強い

・親にとって安心

 

があると思います。

まず紙の大きなメリットはやはり記述に強くなる点です。息子にタブレットをやらせて感じることなんですが、タブレットのあとに実際に紙などに書かせてみると、筆圧が弱かったり、字の形がいびつだったりします。これはタブレットには、ある程度の予測変換の機能というか、微妙な文字でも正しく変換されてしまっているからかなと思っています。

また紙教材の場合は、私たち親世代が紙で今まで勉強をしてきたということがあり、それゆえに紙教材への信頼感というか、安心がありそれ自体がメリットと思うはずです。

 

そして次にデメリットとしては、1つあります。それは、

 

・単調なこと

 

です。これは勉強があまり好きではない多くの親が経験されていることかもしれませんが、もちろん周りでサポートして勉強が見てくれる人がいれば別ですが、紙での教材は基本的に一人で淡々とする場合が多いと思います。

そのため今回、私の息子は小学1年生で勉強の習慣もついていないまま、紙教材をしていくのは厳しいかなと思い、タブレットを選びました。

 

この記事では進研ゼミの小学講座1年生のオプション教材の感想をまとめてみようと思います。   進研ゼミを実際に受講される際に、オ...

 

・タブレットに決めた最後のひと押し

進研ゼミにおいて、紙教材において最後のひと押しになった理由が2つあり、

1つ目が6カ月間タブレットで受講した場合は、タブレット料金がかからないこと。

2つ目がタブレットで合わなかった場合は、紙教材に変更可能であったことです。

 

今回はこの2つの理由が最後のひと押しとなりタブレット教材に決めました。

スポンサーリンク

 

・まとめ

進研ゼミのタブレットと紙については、やはりそれぞれメリットとデメリットがそれぞれあります。

一番大切なことは、お子さんにあったコースであり、じっしくりと一人でできるのであれば紙教材、また活発的な子であればタブレットが向いているのかな思います。

また、進研ゼミのHPにも「学習スタイル診断」というのがあるので、確認してみるのもいいかもしれませんね。

ベネッセ 進研ゼミ 小学講座 資料請求プロモーション

 

<補足として、他の通信教育をご検討されたいのならスマイルゼミもあります。資料請求は無料なので比較されるのもありです。>

———————————————————————————————————–

※進研ゼミの内容については、随時更新を予定してます。

 ご質問ありましたら、一番上の「お問い合わせ」から

 お気軽にどうぞ。^_^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする