リンチーリン(林志玲)の経歴とは?ATSUSHI(EXILE)と縁があった!

EXILEのAKIRAさんと台湾の女優・林志玲さんが

6月6日に結婚したことで話題になっています。

 

今回はその話題についてと、林志玲さんの経歴、

そして、あのEXILE・ATSUSHIさんとも縁があった

とのことでその関係についても見ていきましょう。

———————————————————————————————————–

スポンサーリンク

・AKIRAと林志玲が結婚

まず話題となっている記事について見ていきましょう。

人気グループ「EXILE(エグザイル)」のAKIRAさん(37)と、台湾の人気俳優の林志玲(リンチーリン)さん(44)が6日結婚した。AKIRAさんの所属事務所が発表した。

事務所によると、二人は8年前に舞台「レッドクリフ~愛~」で共演し、約半年前に交際を始めた。二人は6日、台湾で婚姻届を出してから日本に移動し、東京都内の区役所に婚姻届を提出したという。

引用元:朝日新聞

記事によると、8年間前に知り合い交際期間は半年なんだそうです。

 

ちょっと気になったのですが、やはり国際結婚となると両国に

婚姻届けの提出の必要があるんですね。あと知り合って、8年で

交際期間はわずか半年というのは意外でした。

おそらく長年、友人関係として接することにより相手がどういう人なのか、

お互いによくわかっていたんでしょうね。

 

この投稿をInstagramで見る

日頃より皆様方には大変お世話になっており、誠にありがとうございます。 私事ではございますが、 以前から交友のあった女優の林志玲(リン・チーリン)さんと、 6 月 6 日に結婚しましたことをご報告させていただきます。 8 年前に共演した舞台「レッドクリフ ~愛~」をきっかけに、 長い間、親しい友人としてお付き合いしていくなかでお互いに惹かれ合い、 人生のパートナーとして共に歩んでいきたいと強く思い、 昨年から交際に至り、これまで 2 人の仲を深め、向き合ってきました。 多忙な日々の中、志玲さんはいつも自分のことよりも家族や仲間を大切にし、 それ以上に、自分の活動を通してファンの皆様やアジアの多くの方々を大切にし、 沢山の愛情や勇気を届けている姿を近くで見てきて、 その責任感の強さと、愛に溢れる人柄に心惹かれました。 そして、どんな時も、ありのままの僕を笑顔で受け入れてくれる大きな優しさに、 感謝の気持ちと共に、志玲さんを心から幸せにしたいと真摯に思いました。 まだまだ未熟者ではございますが、これからは志玲さんと家族を大切にしながら、 これまで皆様が与えてくださった全てに感謝し、表現者としてこれまで以上に 自覚と責任を持って、芸道に精進してまいります。 そして、エンタテインメントの世界で今以上に初心を忘れず、 日頃から応援してくださっている皆様に恩返し出来ますよう精進していきたいと 思っておりますので、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 令和元年 6 月 6 日 EXILE AKIRA #出会ったころの写真を使わせていただきました #AKIRA #林志玲 ーーーーーーーーーーーーーーー To all my fans: Thank you always for your continuous support. I am excited to announce that on June 6th, I married Lin Chi-ling, the Taiwanese actress, with whom I have had a long-standing friendship. Ever since sharing the stage with her on “Red Cliff -Love-” eight years ago, we developed a friendship and just last year, it evolved into something more. I felt strongly that I want her to be my partner in life as we see our true selves in each other. No matter how busy she may be, she always puts her family, friends and fans before herself and constantly strives to provide love and courage to many people across Asia, always staying true to her roots. I was strongly attracted to her sense of responsibility and caring nature. With a smile, she always accepts me for who I am, and I constantly feel nothing but appreciation for her kindness. It pushes me to be better and I truly want to make her happy. I am in no way accomplished and I still have many things to learn, but because I cherish this bond with her and her family, I will continue down my path as an artist with a higher sense of self-awareness and responsibility, while not forgetting to appreciate everything that you all have given me. I will not forget where I came from, and will work harder, in order to give back to all the people who have always supported me. Sincerely, EXILE AKIRA

EXILE AKIRAさん(@exileakira_official)がシェアした投稿 –

 

2人ともよくお似合いで、かっこいいですね!

 

・リンチーリン(林志玲)の経歴とは?

まずは先に林志玲さんのプロフィールを見ていきましょう。

 

・ リンチーリン(林志玲) のプロフィール

本名:林志玲(リン・チーリン)

生年月日:1974年11月29日(44歳)

血液型:O型

身長:174cm

先ほどの記事にも記載があったのですが、林志玲さんの年齢が44歳って、

全然見えませんよね?

また身長も174cmということで高く、AKIRAさんが184cmなので、

2人並んだら立ち姿だけで、素晴らしすぎて圧倒されてしまいそうですね。笑

 

この投稿をInstagramで見る

小週末❤

林志玲chilingさん(@chiling.lin)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

今天帥氣的我🙋你們喜歡嗎😬

林志玲chilingさん(@chiling.lin)がシェアした投稿 –

 

・リンチーリン(林志玲)の経歴

林志玲さんは2003年に台湾一有名なモデルになり、

その後は様々なメディアで活躍されたそうなのです。

そして、2005年からは日本にも進出しています。

 

役者としては、2008年の映画『レッドクリフ』で

ヒロインデビュー、そして2010年には木村拓哉さんと

フジテレビ系のドラマ「月の恋人~Moon Lovers」に

出演されました。

 

そして2011年に舞台『レッドクリフ 〜愛〜』で林志玲さんは

結婚相手であるAKIRAさんと共演されてます。

 

ちなみに、林志玲さんの年収なんですが、

台湾で2004年から2011年までモデル部門ではトップ

だったそうで、2011年の年収がなんと約5億円とのことです。

このことからも、林志玲さんがいかに人気かということが分かりますよね?

おそらく台湾でも今回の結婚については話題になっているのでしょうね。

・ATSUSHI(EXILE)と縁があった!

実は林志玲さんはEXILEのATSUSHIさんとも縁があったようで、

それがATSUSHIさんの曲『 我願意 』 のミュージックビデオに

出演されていたのです。

 

そして今回の結婚報道についてATSUSHI さんはこのように

コメントされたようです。

「たまに話は聞いていたし(ちょっと自慢。笑)知っていたことだけど、いざ結婚となると、あらためてお互いアジアで大活躍する、お似合いのカップルだなと実感します。末永くお幸せになることを願っています。そして最高にすてきな家庭を築いてください」

引用元:日刊スポーツ

・まとめ

今回は、

 

「リンチーリン(林志玲)の経歴とは?

ATSUSHI(EXILE)と縁があった!」

 

について見ていきました。

 

直近でいうと蒼井優さんと山里亮太さんの結婚が

かなり盛り上がりましたが、今回のAKIRAさんと

林志玲さんに関してもかなり話題になりそうですね。

どちらも末永く幸せになってほしいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする