大原麗子の結婚歴と晩年の整形失敗に伴う大きな代償とは?【 直撃!シンソウ坂上】

6月20日放送のテレビ番組『直撃!シンソウ坂上』で、2009年に

お亡くなりになった女優・大原麗子についてで、そこでは大原さんの

壮絶な半生と、晩年の大原さんの様子について放送されるそうです。

 

そこで今回はそんな大原さんの結婚歴についてと、晩年の整形に伴った

大きな代償とは何かについて見ていこうと思います。

———————————————————————————————————–

スポンサーリンク

・大原麗子のプロフィール

本名:飯塚麗子(いいづかれいこ)

生年月日:1946年11月13日

没年月日:2009年8月3日(62歳没)

身長:157cm

血液型:AB型

出身地:東京都文京区

 

大原麗子さんは老舗和菓子屋をを経営している父の子として生まれ、

学校は潤徳女子中学校、北豊島高等学校と進学され卒業しました。

そして芸能界デビューはスカウトであり、1964年にテレビドラマ『幸福試験』

で初出演されています。またその翌年には東映へ入社し、その後本格的な

映画出演などもされていきました。

 

それにしてもこうやってみると、大原麗子さんが亡くなられてもう10年が

経つんですね。個人的にはあまり女優をされていたときの記憶はありませんが、

テレビ出演されていたのは何度か見ていた記憶はあります。

また62歳という若さでお亡くなりになっていたとは、本当に残念ですね。

スポンサーリンク

 

・大原麗子の結婚歴

大原麗子さんは人生で2度ご結婚をされています。

1度目は、1973年から1978までの約5年間、俳優の渡瀬恒彦さんと

そして2度目の結婚は、歌手の森進一さんと1980年から1984年の

約4年間結婚生活をされいづれも離婚に至っています。

 

それでは、大原麗子さんはなぜ離婚をされたのでしょうか?

これについても調べてみました。

・大原麗子と渡瀬恒彦の離婚理由は?

お二人の離婚原因について調べたみたところ、どうやら渡瀬恒彦の母親と

大原麗子さんがあまりうまくいってなかったようなのです。

そして大原麗子さんと渡瀬恒彦さんの当の本人たちは離婚後も親交は厚かった

ようで、また後年には渡瀬さんは自身が主演をされてる十津川警部シリーズに

大原さんを出演させるなどもされてました。

 

お二人のエピソードなどを調べていると、二人は決して嫌いになり別れたのでは

なかったのだろうと感じました。特に大原さんにいたっては、結婚前に

渡瀬さんとの子を身ごもっていたそうなのですが、それが子宮外妊娠

だったようで、残念ながら緊急手術をおこなったそうなのですが、

その際に血液が足りず、渡瀬さんの血を輸血してもらったそうなのです。

そしてそのことについて、弟に、

「 渡瀬さんの血が今でも体に流れているから嬉しいの 」

と言っていたそうで、このことからも大原さんは本当に渡瀬さんのことが

本当に好きだったのだろうなと思います。

・大原麗子と森進一の離婚理由は?

大原麗子さんと森進一さんの離婚については、森さんが離婚ののちに、

「男が2人いた」

という発言があるように、どうやら結婚したら家庭に入ってほしい森さんと

女優を続けたい大原さんの方にズレがあったようです。

・晩年の整形失敗に伴う大きな代償とは?

大原麗子さんはお亡くなりになる前の約10年間はほとんどテレビ出演

などをされていませんでした。

 

その大きな理由としては、53歳の時に左目の 一重まぶたを二重まぶたにする

手術を行ったそうなのですが、それ事実を世間に知られないために闇医者

のような人に頼んだそうなのです。その結果、手術は失敗、それを境にして

仕事が激減してしまったようなのです。

 

またそれ以前に患っていた病気も再発し、自宅に引きこもるようになり、

次第に友人なども離れていくような結果になってしまいました。

 

大原麗子さんという人は、綺麗になりたいために手術をし、

またそれが知られないために闇医者に頼んだりするところといい、

女優としてのプライドを強く持っていた人なんでしょうね。

しかしながら、その行動が裏目にでてしまい本当に残念です。

・まとめ

今回は、 

 

「大原麗子の結婚歴と晩年の整形失敗に伴う大きな代償とは?

【 直撃!シンソウ坂上】」

 

についてみていきました。

 

6月20日放送の「 直撃!シンソウ坂上 」では、そんな大原さんについて

いろいろと放送されるようなので、ぜひ確認しようと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする