奥田瑛二と安藤和津の馴れ初めは?津川雅彦のモノマネが秀逸だった!【笑ってコラえて!】

7月3日放送の『笑ってコラえて!』にスペシャルゲストクイズで

出演されるそうです。予告欄ではこのように記載があります。

 

妻は安藤和津、娘は安藤サクラ。芸能人一家の大黒柱、奥田瑛二が登場!
街の声は「焦げた醤油せんべえ」「ウィスキー致死量飲みそう」等激辛コメント続出!
スペシャルヒントではあの奥田瑛二が国民的俳優のモノマネを披露!
意外にもモノマネが得意な理由には深〜い訳があった!
打ち合わせしたスタッフは奥田瑛二のカッコ良さにメロメロ♥今、時代はおじさんだ!

引用元:日テレ

 

けっこう街の声は辛辣ではあるのですが、そんな奥田さんが国民的俳優の

モノマネを披露とあり、それが2018年にお亡くなりになった俳優・津川

雅彦さんではないと予測しているのです。

 

そこで今回は、奥田英二さんと津川雅彦さんの関係性についてと、また

奥田さんと妻の安藤和津さんとの馴れ初めについても見ていこうと思います。

 

———————————————————————————————————–

スポンサーリンク

 

・奥田瑛二のプロフィール

 

 

本名:安藤豊明(あんどうとよあき)

生年月日:1950年3月18日(69歳)

身長:175cm

血液型:AB型

出身地:愛知県東春日井郡高蔵寺町

 

奥田瑛二さんは春日井市立高座小学校の5年生の時に、映画を見たことを

きっかけに役者になることを志し、そのためには体を鍛える必要があると

思い、春日井市立高蔵寺中学校では野球部、進学した東邦高校ではラグビー部

に所属されてました。

  

そして高校卒業時に役者の道を目指すために上京を希望するも、市議であった

父親に反対されたそうで、そこで作戦を練り、政治家になることを父に告げ、

そのために東京の大学を出て、いづれは国会議員になることを伝え、明治学院

大学法学部に進学されたとのこと。そして、父との約束で代議士の秘書となり、

住みこみの書生生活を送ったそうです。

 

それにしても役者になるために、いろいろ画策して実際大学の入学までされる

とは、役者になりたい思いというものも相当なものだったのでしょうね。また、

父親も市議ということなので、イメージ的にも確かに厳しそうです。

 

・奥田瑛二と安藤和津の馴れ初めは?

奥田さんは結局のところ、役者への思いが強く、書生生活を辞め、大学も

中退し、アルバイトをしながら役者の道を目指します。

 

しかしながらその道は険しく、家賃なども2年間滞納し、ホームレス生活など

も送っていたとのこと。そんな中、友人に誘われパーティに行き、そこで隣

に座ったのが、現在の妻である安藤和津さんなのだそうです。

 

運命というのが本当珍しいですよね?

 

そこで2人の話は盛り上がり、安藤さんが奥田さんに「あなた、お家は?」と

尋ねたところ、ホームレス生活であることを告げると、「うちで泊めてあげ

るわ」と言われたそうで、安藤さんが当時住んでいた高級マンションで泊め

てもらったそうなのです。これが奥田さんと安藤さんの馴れ初めとなりました。

 

私自身もそうなのですが、大抵の男性というのはある程度見栄を張ったりする

ものだと思うのですが、奥田さんはそういうことを見せずに素直に自身がホーム

レス生活であることを告げるなんてすごいですね!結局この飾らない性格のため

後に、安藤さんの母親と初対面の際にいい印象を与えたそうなのです。

 

・奥田瑛二 津川雅彦のモノマネが秀逸だった!

2018年に心不全のため亡くなった、俳優の津川雅彦さんは奥田さんとは40年もの

付き合いがあったそうなのです。そのため、2018年の津川さんとその妻で

あった、女優の朝丘雪路さん夫婦の合同葬お別れ会の際に、 弔辞を読んだ

奥田さんは、津川さんとの大げんかをしたときのやり取りを、津川さんの真似

もしながら再現されていました。そしてその津川さんのモノマネがとても秀逸

だったのです! 

 

もしかしたら、『笑ってコラえて!』ではこの辺りの津川さんモノマネをされる

のかもしれませんね。

・まとめ

今回は、

 

「奥田瑛二と安藤和津の馴れ初めは?津川雅彦のモノマネが秀逸だった!

【笑ってコラえて!】」

 

について見ていきました。

 

7月3日放送の『笑ってコラえて!』では、 激辛コメントやモノマネなどが

見れるそうなので、ぜひ楽しみにしたいと思います。

< 笑ってコラえて!  関連記事>

馬場ももこアナウンサーが好き嫌いに分かれるワケは?拷問と放った大物芸能人は誰!?【笑ってコラえて!】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする