久方広之 ”なんでやねん”ねこ拳撮影術で話題!画像有。撮影成功のポイントは?

”ねこ拳撮影術”として猫があたかも格闘技を

しているような写真を撮る写真家・久方広之さんを

ご存知でしょうか?

 

そんな久方広之さんが撮り、ツイートに投稿した、

”「なん」「でや」「ねん」”

が話題になっています。

 

今回はその画像と、久方さんの撮影成功のポイント、

またその他の画像についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

・久方広之 ”なんでやねん”ねこ拳撮影術で話題!画像有。

まずは話題となっている、

”「なん」「でや」「ねん」”

のツイートから見てみましょう。

 

 

かわいいですよね?笑

三匹の猫がトリオ漫才のように、

左から順にツッコミを入れているように見えます。

 

そしてこの投稿に対して、現時点でリツイートが3万5千以上、

またいいねが11万5千以上あり、かなりSNS上で話題になっているのです。

 

それにしても気になる点として、

この写真はどのように撮ったのでしょうか?

 

 

・撮影成功のポイントは?

今回の写真をとった猫写真家の久方さんによると、

まずは猫じゃらしをつかって、猫の注意を引き、

一番元気な時間帯を狙って撮影をされたようなのです。

 

そして猫の世界にも上下関係などがあり、

その場合は気の強い猫が先に遊び、

それ以外の猫はおとなしくしていることが多く、

今回のような写真を撮ることは難しいようなのです。

 

ただ今回の猫たちに関しては兄弟だったようで、

ケンカすることなく、一緒に遊んでくれたようで、

流れによって撮影できた今回の写真に関しては

奇跡的な一枚だったとか。

 

なんか猫のイメージとしては、気まぐれのような印象があり、

ダイナミックな動きのある瞬間の写真を撮るというのは、

本当に難しいと思うのですが、さすがプロだと思います。

 

それにしても、なぜ難しそうな猫の写真を撮ろうと思ったのでしょうか?

なにかきっかけがあったのでしょうか?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

のら猫拳キッズ [ 久方広之 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/6/3時点)


・ねこ拳写真を撮るきっかけは?

もともとは猫の自然体の写真を撮っていたようなのですが、

プロの猫の写真家の知り合いの影響で、

のら猫と猫じゃらしと遊んでいたところ、

想像以上に猫の躍動感があったようで、そのときに、

「思った以上に人間と遊びたがっている猫がいるのではないか?」

と思い、そこから本格的にねこのアクション撮影をされたようなのです。

 

確かにねこは小さく小回りがきく分、

犬に比べても動きが大きいですからね。

しかしそれをアクションに繋げるという発想は

面白いですよね!

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ねこ拳撮影術 [ 久方広之 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/6/3時点)


 

・まとめ

今回は、

 

「久方広之 ”なんでやねん”ねこ拳撮影術で話題!

画像有。撮影成功のポイントは?」

 

について見ていきました。

 

動物は癒しにもなりますし、今後もねこ拳写真は

話題になっていくかもしれませんね。

 

<ネコ写真 関連記事>

沖昌之 ネコ写真家のきっかけの猫とは?美しさとネコ画像5選!【天才!志村どうぶつ園】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする