突破ファイル ”謎のトゲ”の正体は?国交省が調査、解決したアノ問題だった!【THE 突破ファイル】

7月11日放送の『THE 突破ファイル』で、ガードレールから突き出た”謎のトゲ”

ということで、番組が放送されます。番組予定欄の予告には、こう告知されて

います。

 

ケガ人発生で大騒動!ガードレールから突き出た「謎のトゲ」…抜いても抜いても生えてきて…まさかの全国3万件に大増殖!?意外なその正体は?


引用元:TVer

 

気になりますね?実はこの問題は以前に国交省が、調査委員会を設置して解決し

たものだったのです。それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

・突破ファイル “謎のトゲ”の正体は?

 

引用元:日テレ

 

では早速、ガードレールの”謎のトゲ”の正体から明かすと、

 

「自動車の鉄板やそれらから剥ぎ取られたもの」

 

だそうです。

 

案外、そう言われると普通ですね。なんかミステリー的なことを想像してしまう

のですが、様々な検証のうえ、国交省の調査結果で解決しました。

 

それでは、ここから事件の経緯や実際の調査報告書などを見ていきましょう。

 

・国交省が調査、解決したアノ問題だった!

まず初めに、国交省の調査報告書が現在でも見れるので載せておきます。

報告書名は「防護柵への付着金属片調査委員会」となっています。

 

防護柵への付着金属片調査委員会

 

・事故の経緯

事故の経緯としては、2005年に秋田県で自転車に乗った中学生が帰宅途中に

ガードレールについていた金属片に接触し、けがをしたことのようです。

そして、それについて全国で調査したところ数万個の金属片(トゲ)が見つかっ

たとのこと。

 

引用元:家が建つまでの記録を残したくなった ~家が建ったので時々日記~ 

 

引用元:家が建つまでの記録を残したくなった ~家が建ったので時々日記~ 

 

・ 国交省による調査、そして解決

中学生の事故を発端にて、2005年の6月に調査委員会が計3回開かれ、

現地調査、室内実験、自動車実験の後、前述したように、ガードレール

の金属片(謎のトゲ)は 「自動車の鉄板やそれらから剥ぎ取られたもの」

として解決したようです。

 

ちなみにガードレールについては、日本では1958年に神奈川県に設置されたのが

始まりだそうです。あと少し気になったのですが、この事故の影響かどうかは分

からないのですが、ガードレール自体はあまり見なくなったような印象がありま

す。その代わりに、私の家の近所ではガードパイプ(金属板の代わりにパイプを

つけたもの)が多いです。また地域によっては、ガードケーブル(ワイヤーロー

プを張ったもの)を用いているところも、除雪作業がある場所では多いようで

す。

 

・まとめ

今回は、

 

『突破ファイル ”謎のトゲ”の正体正体は?国交省が調査、解決したアノ問題だった!

【THE 突破ファイル】』

 

について見ていきました。

 

”謎のトゲ”が生えてきたという表現では、なにかミステリアスな感じはします

が、やはり実際国交省が調査したということで、現実感に引き戻される感じが

してしまいますね。7月11日の番組で放送されるようなので、楽しみにしたいと

思います。

 

<関連記事>

突破ファイルの見どころとネタバレ!”謎のトゲ”の真相は?(7月11日放送)【THE 突破ファイル】

突破ファイル “伝説の張り紙”はコレか?老松から名もなき訴え!【THE 突破ファイル】

コリジョンコース現象?見通し抜群の交差点で車がアクセル全開の正面衝突する潜む魔物の正体は!【突破ファイル】

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする