永野将司 病気(広場恐怖症)告白の真意とは?克服できるのか?【 水トク!「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」】

千葉ロッテマリーンズの永野将司投手が2019年の3月12日に自身の

病気である広場恐怖症を公表されました。そして永野将司投手と、

その嫁である紗央里さんとの夫婦についてのドキュメンタリー番組が、

6月26日放送の『水トク!「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」』

にて放送されます。

 

今回は永野将司投手さんが病気(広場恐怖症)について告白した

真意と、またそれは克服できるのかどうかについて調査してみて

見ました。

 

———————————————————————————————————–

スポンサーリンク

・ 永野将司のプロフィール

本名:永野将司(ながのまさし)

生年月日:1993年3月2日(26歳)

身長:181cm

血液型:A型

出身地:大分県杵築市

ポジション:投手(左投左打)

 

永野将司投手は小学2年生から、山香少年野球クラブで軟式野球を始めました。

そして中学では投手として軟式野球部に所属し、卒業後は大分県立日出暘谷

高等学校へ進学し野球を続けるも、残念ながら甲子園とは縁が無かったようで

す。

 

高校卒業後は、九州国際大学へ進学されそこではクローザーを任されていた

とのこと。しかしながらそこでは、4年生の時に左ひじの靭帯を断裂し、

手術をされたようなのですが、その影響でそれまで決まっていた企業への

内定が取消されてしまったそうなのです。

 

その後はというと、どこの企業にも属さずにリハビリに1年半ほど専念された

そうで、そんな中にHonda硬式野球部からの要請で2016年にHondaに入社

されました。

 

・永野将司 病気(広場恐怖症)告白の真意とは?

2017年プロ野球のドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから6位指名を受け

プロ入りを果たすのですが、永野投手はすでにこのときには広場恐怖症を

発症していたそうです。

ちなみに広場恐怖症はこのように説明されています。

広場恐怖症(ひろばきょうふしょう、英:Agoraphobia)とは、ほぼ毎回恐怖や不安を誘発するため、公共交通機関や、あるいは広い場所や閉ざされた場所を避けていることが6か月以上持続している、不安障害に含まれる精神障害である。 典型的な広場恐怖症は、繰り返されたパニック発作の結果としての合併である。

引用元:Wikipedia

  

永野投手の病気に関しては、わざわざ告白までされなくてもよいのにどうして

それを公開されたのでしょうか?

その理由としては、広場恐怖症が年々ひどくなっているらしく、2019年の

今年からはキャンプにも参加できないために、応援してくれるファンに

心配をかけないように告白されたようなのです。

 

それにしても広場恐怖症がありながらも、自身が一番大変なはずなのに、

周りやファンの人たちを気遣える心遣いは本当にすごいですよね。

・広場恐怖症は克服できるのか?

広場恐怖症の克服法に関しては、薬物治療や認知行動療法と呼ばれる

治療法を行うことにより劇的な改善が見られるそうです。

 

永野投手の場合もおそらくこういった治療などをされているのでしょうね。

・まとめ

今回は、 

 

「永野将司 病気(広場恐怖症)告白の真意とは?克服できるのか?

【 水トク!「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」】」

 

について見ていきました。

 

6月26日放送の『 水トク!「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」 』

では、奥さんも出演し永野投手を支える姿が放送されるようです。

どのような日常を送られているのか見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする