消えた天才 町田友潤が甲子園史上最高と言われるワケとは?現在の仕事は?【消えた天才】

8月11日放送の『消えた天才』にて甲子園史上最高の球児と言われた、町田友潤

さんが取り上げられるそうです。番組の予告では以下のような告知がされていま

す。 

 

超神技で甲子園史上最高と呼ばれた天才は、あの松坂大輔、松井秀喜などが名を連ねる甲子園歴代ベストナインに選ばれるほど!


しかし、天才はプロには行かず、大学でも出場記録はない…
消えた真相をアンジャッシュ渡部建が直撃!初めて語られる真実とは…

 

引用元:YAHOO!テレビGUIDE

 

そこでここでは、町田友潤さんの甲子園史上最高と言われたワケについてと、現

在の仕事について見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

・消えた天才 町田友潤が甲子園史上最高と言われるワケとは?

今回の『消えた天才』の町田友潤さんに関しては、番組の放送前にも関わらず、

ネットニュースでも話題になっており、このような記事がありました。 

 

現在開催中の第101回全国高校野球選手権大会。その歴史の中でも“史上最高の守備の名手”と言われた天才が、11日放送のTBS系ドキュメントバラエティー『消えた天才』(後6:30~8:54)に出演する。その選手は、華麗な守備で母校の甲子園大躍進に大きく貢献したが、その後、プロの道へ進むことはなく、野球の表舞台から姿を消していた。引退後、テレビ初出演となる天才に真相を直撃する。


 現在プロの一線で活躍する選手や守備の名手とされたOBでさえ、その実力を称賛する守備力の持ち主だった彼。高校時代に対戦経験のある浅村栄斗(楽天)は、「天才です。あんな選手見たことなかった」とインタビューに応えた。さらに、昨年、ゴールデングラブ賞を初受賞した源田壮亮(西武)も、「高校生であんなプレーができるのはヤバイ」と、球界の名手たちが口を揃えて彼の才能を称える。また、現役時代に守備の名手とされた宮本慎也、仁志敏久の両氏も同様に、甲子園を沸かせた彼の神ワザプレーを絶賛する。


 今回、芸能界一の野球通であるアンジャッシュ・渡部建が直撃取材を敢行。神ワザを連発した当時の逸話を振り返る。そして、高校卒業後に天才が直面した苦悩、絶対の自信を誇る守備でプロの舞台で活躍することを誓ったにも関わらず、野球の表舞台から姿を消した驚きの理由とは? さらに、「野球と同じくらい夢中になっている」という、現在の仕事についても語る。

 

引用元:ORICON NEWS

 

今はちょうど甲子園の真っただ中でもあり、そのために甲子園関連の話題はニュ

ースになりやすいんでしょうね!

 

この記事でも記載されているのですが、町田友潤さんが甲子園史上最高の選手と

言われているのが、セカンドとしての守備のうまさだったそうなのです。

 

そんな町田友潤さんの守備のうまさがわかる動画がこちらです。

 

 

どうですか?本当に凄いですよね?甲子園史上最高と言われるのも頷けますね!

 

・現在の仕事は?

町田さんは高校卒業後、早稲田大学に進学しました。しかし、そこは中退し現在

は福祉の施設を設立して、福祉の仕事をされているそうです。

 

もしかしたら、『消えた天才』ではこの辺の野球を辞めた理由であったり、福祉

の仕事を始めたきっかけ、そして現在の仕事ぶりも放送されるのかもしれません

ね! 

 

・まとめ

今回は、

 

『消えた天才 町田友潤が甲子園史上最高と言われるワケとは?動画有。

現在の仕事は?【消えた天才】』

 

について見ていきました。

 

8月11日放送の『 消えた天才 』では、町田友潤さん以外にも様々な消えた天才が

取り上げられるそうなので、そちらも楽しみにしたいと思います。

 

<8月11日放送 消えた天才関連記事>

山田直輝 18歳で日本代表デビューした消えた天才の悲運とは?【消えた天才】

消えた天才 伊藤英二は全打者三振で完全試合達成!なぜ消えた?【消えた天才】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする