コウカズヤ ツイッター炎上から退団処分へ、原因の母の日騒動とは?

元SPEEDの上原多香子さんの夫・コウカズヤさんが、

所属している劇団を退団したことを発表しました。

 

今回はその内容と、退団の理由、そして原因の元となった

上原多香子さんの母の日騒動について見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

・コウカズヤ 謝罪し退団へ

まずはコウカズヤさんの謝罪そして退団に関する報道から

見ていきましょう。

SPEED上原多香子(36)の再婚相手で演出家のコウカズヤ氏(41)が、ツイッターでの発言を謝罪するとともに、所属していた劇団から退団処分を受けたことを明かした。

コウ氏は29日、ツイッターを更新。「このたび、私のTwitter上での投稿で、多くの方々に不快な思いをさせてしまったことを、心よりおわび申し上げます」と謝罪した。

続けて「私が所属していた劇団BuzzFestTheaterは今回の一件を重く受け止め、その責任として、私は劇団から退団処分を受けることとなりました」と報告。「その処分を真摯(しんし)に受け止めるとともに、心から深く反省しております。本当に申し訳ございませんでした」と再び謝罪の言葉で結んだ。

引用元:日刊スポーツ

どうやらこの記事によると、ツイッター騒動が原因で

自身から退団するというよりは、劇団から退団処分を

勧告されたようですね。

 

それではこの理由というのはどのような

ことだったのでしょうか?

・コウカズヤ 退団の理由は?

今回のツイッター騒動についての記事もあるので

まずそちらを見てみましょう。

コウ氏は今月、妻の上原を非難するネットユーザーとツイッターでバトルを繰り広げていた際、上原の元夫で14年に亡くなったヒップホップグループET-KINGのTENNさん(享年35)の死についても「自殺するような子供になったら親の責任なんで、その時はそんな子供にしてしまった自分を責めますよ」と持論を展開し、非難を浴びた。

引用元:日刊スポーツ

今回は妻である上原多香子さんを擁護する形で、

ツイッターで反応していたのですが、

その延長で感情的なり炎上するような問題になってしました。 

 

妻をかばう気持ちはわかるのですが、

さすがにやり過ぎてしまったようですね。

 

それではそもそも上原多香子さんはなぜネットユーザーに

非難されていたのでしょうか?

実はこれには母の日に上原多香子さんがツイッターで投稿した、

ツイート内容が事の発端でした。

・上原多香子 母の日騒動とは?

上原多香子さんは今月の母の日にこのようなツイートをしました。

「母の日。母と呼ばれた日。感謝」

 

そのとき上原多香子さんのツイッターは非公開の“鍵アカウント”

になっていたのですが、おそらく報道関係者がこれを読んだのか

その内容がネットニュースで話題となり拡散されてしまいました。

 

それを見たネットユーザーからは、

元旦那であるTENNさんの自殺の背景も関連したこともあり、 

「あなたは母になったけど、あなたに息子を奪われた母がいる」

「元旦那の母親の気持ち考えたら普通はできない」

 

などと上原多香子さんは非難されてしまったのでした。

元SPEEDの上原多香子さんといえば、元夫・TENNさんの自殺でかなり話題になりました。そんな可能所が5月12日の母の日にツイートした内容...

・まとめ

今回はコウカズヤさんの退団についての話題と、

その根本原因となった上原多香子さんの母の日騒動

について見ていきました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする