小嶺麗奈 田口淳之介と別れるその真意は?なぜ1人だけ拘留延長か?

5月22日に大麻取締法違反容疑で逮捕された、

田口淳之介容疑者と小嶺麗奈容疑者の拘留期限が、

田口容疑者のみ延長が決まったそうなのです。

 

今回はなぜ1人だけ拘留延長が決まったのか?また、

小嶺容疑者が田口容疑者と別れると供述されたようで、

その詳細について見ていきましょう。

スポンサーリンク

・小嶺麗奈 田口淳之介と別れるその真意は?

それではまず報道されている記事から見てみましょう。

「田口は取り調べに対し“10年ほど前から大麻を使い始めた”と供述していますが、大麻使用歴の長い小嶺に誘われて、田口も大麻にのめり込んでいったと考えられます。そんな小嶺ですが、取り調べに対して、“彼(田口)とはもう別れる……”と供述していると聞こえてきています」(全国紙社会部記者)


 多くのメディアでは小嶺が田口を大麻の道へ引き込んだというふうに報じている。ネットでも「小嶺が田口をハメた」「田口を誘惑した小嶺は最低女」といった意見が飛び交っている。

引用元:日刊大衆

記事によれば、どうやら供述では田口容疑者は、

10年前程から大麻を利用していること、

そしてその時期と小嶺容疑者と交際を始めた時期が、

被ることから田口容疑者が大麻を始めたきっかけが、

小嶺容疑者のせいではないか?と意見されているようですね。

 

そして小嶺容疑者は田口容疑者と別れると言っているようです。

 

確かに今回の件に関しては、時期的な状況であれば、

小嶺容疑者の影響というのはきっかけになったかもしれません。

 

しかしながら、だからと言って小嶺容疑者が田口容疑者を

”ハメた”であったり、”誘惑した”というのは疑問に感じてしまいます。

 

田口容疑者はよく”素直”だとか、”依存しやすい”とかいう

言われ方をしていますが、それでも責任ある社会人で、

また当時所属していたジャニーズ事務所にも小嶺容疑者との

交際は反対さえていたようですが、それにも反発してたようですから、

しっかり自分の主張はできる人だと思います。

 

そのため、小嶺容疑者が ”ハメた”や”誘惑した”というのは、

違うような感じがします。

 

ただ今回の2人の同時逮捕というのは、小嶺容疑者にとっては、

もしかしたらきっかけを与えた可能性もあるということで、

どこか負い目を感じるところもあり、

今後は”別れる”といったのかもしれません。

 

またもし一緒にいたら、過去を思い出して、

再使用の可能性も否定できないですもんね。

・なぜ1人だけ拘留延長か?

今回、2人の拘留期限というのが6月2日なのだそうですが、

田口容疑者は拘留期限が6月5日まで延長、

小嶺容疑者は拘留期限延長が認められなかったようなのです。

どうして2人とも同じにならないのか不思議ですよね?

 

そこで調べてみると、あくまで推測のようなのですが、

小嶺容疑者に関しては証言や証拠などの客観的事実が一致しており、

証拠の隠滅や逃亡の恐れが無いと判断されたためであり、

田口容疑者の場合は、それがまだ不十分で、

起訴するかしないかに関わらず判断するだけの状況にない可能性が

あるということのようです。

 

・まとめ

今回は小嶺麗奈容疑者が田口淳之介容疑者と別れると

供述したという内容と、なぜ1人だけ拘留延長に

決まったのか?という点について見ていきました。

 

まずは6月2日に小嶺容疑者の方が先に出てくるようなので、

報道陣に対してどのような発言をされるか注目されそうです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする