小嶺麗奈 赤玉が大麻へのきっかけ?〈画像有〉赤玉とは?実は罪悪感の薄いものだった!?

女優の小嶺麗奈容疑者が5月22日に大麻取締法違反容疑で

逮捕されました。そしてその大麻へのきっかけが赤玉である

と話題になっています。

  

今回はその赤玉についてどういうものなのか?

また実は罪悪感の薄いものとはどういうことなのか?

について見ていきましょう。 

 

スポンサーリンク

・小嶺麗奈 赤玉が大麻へのきっかけ?

まずは話題となっている記事から見ていきましょう。

小嶺容疑者が違法薬物に手を出す“入り口”になったのが、サパークラブに出入りする中で知った「赤玉」。睡眠薬「エリミン錠」のことで、真っ赤な包装にちなんで「赤玉」と呼ばれた。服用すると筋弛緩作用で多幸感や脱力感が生じ、アルコールに近い効き方をするのが特徴。酒と併用すると気持ちが高揚することから“アッパー系”として乱用されるようになり、2015年11月に販売中止となった。

引用元:スポニチアネックス

どうやら記事によると、サパークラブで知った赤玉を使用し、

それが高揚感を引き出すため、

それがきっかけで薬物へ手を染めていったようですね。

 

やはりこういうものは更なる刺激を求めて、

大麻へと手を出していったということでしょうね。

逆にやめるきっかけはなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

・赤玉とは?

赤玉は記事にも記載されているように睡眠薬のようなのですが、

他の睡眠薬と異なり、お酒と同じような感覚になるようで、

お酒と合わせて飲むことにより効果は一層増すそうなんです。

 

またその見た目も、危険そうな外見をしていたため、

悪用されていたようです。

 

それでは赤玉は実際どんなものだったのでしょう?

次に画像を見ていきます。

・赤玉の画像

引用元:https://ameblo.jp/taku-yun420/entry-11619241003.html

これがいわゆる赤玉と呼ばれるものだそうです。

本当に外見は怪しい感じがしますね。

これは袋が赤いのですが、どうやら中身のほうも、

薄いピンク色の錠剤だそうです。

・赤玉、実は罪悪感の薄いものだった!?

今回、小嶺容疑者が大麻へのきっかけとして赤玉が話題になりました。

そのため、赤玉自体が怪しい薬のように感じてしまいますよね?

 

しかしながら、これはもともと処方薬であって、

実際使用方法さえ問題無ければ通常の睡眠薬なのです。

そういったこともあり、当時使用していた人も

罪悪感というのはほとんどなかったそうなんです。

 

ただやはりこれは、依存性や禁断症状などもあるようなので、

そういったものが身近で手に入れられていたと考えると

本当に怖いですよね。

元KAT―TUNの田口淳之介容疑者が 大麻取締法違反容疑で逮捕され、 自宅からか「グラインダー」という器具が 発見された...

・まとめ

今回は、小嶺麗奈容疑者の大麻へのきっかけが赤玉と

呼ばれるものだったことと、赤玉とはどういうものなのか?

ということについて見ていきました。

 

私は当初赤玉と呼ばれるものも、薬物の一種だと思っていました。

また通常赤玉といえば、一般的にワインや下痢止めなどを

連想する人が多いかとは思います。

 

それが実際は処方箋で利用されている薬だということは

本当に驚きでした。

 

小嶺容疑者ももしかしたら軽い気持ちで始めたことが、

大麻へとつながったかもしれないのですが、

今後は改心して、復帰した姿を見たいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする