駒沢幹也は孫を事故で亡くしていた!最後のメッセージとは?【奇跡体験!アンビリバボー】

7月11日放送の『奇跡体験!アンビリバボー』に、交通事故鑑定人の駒沢幹也さん

が取り扱った事故についての内容が放送されます。番組の予定欄ではこのような

告知がなされています。

 

伝説の交通事故鑑定人!写真一枚で逆転判決!

バイクで通勤中の男性がトラックと衝突!1カ月後、意識が戻ると右半身が動かず。さらにこの事故に関して全て自分の過失になっていた。男性は事故を思い出そうとするも事故の時の記憶がなくなっていた。自ら事故現場に足を運ぶも、事故現場はいつもの通勤ルートと異なるなど明らかに自分だけが悪くないと確信。納得いかない男性はある人物に助けを求めた。その人物こそ数々の交通事故をわずかな証拠で解決してきた伝説の交通事故鑑定人・駒沢幹也。
駒沢は写真を見ると“ある違和感”を見抜く。それがのちに事故の真相を導くことになる。
伝説の交通事故鑑定人が見抜いたアンビリバボーな真相とは!?

引用元:フジテレビ

 

全く事故の記憶がない男性を、写真一枚から見事逆転判決に導く、駒沢幹也さん

の手腕が楽しみですね。 ちなみに、駒沢さんは2006年にお亡くなりになってし

まわれているのですが、実は駒沢さんは過去に孫を交通事故で亡くなれている

そうなのです。

 

そこで今回、駒沢さんのお孫さんがお亡くなりになってしまった内容と、また

駒沢さんが遺した最後の”メッセージ”について見ていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

・駒沢幹也のプロフィールと経歴

 

引用元:tv asahi GO

 

本名:駒沢幹也(こまざわみきや)

生年月日:1917年

没年月日:2006年(89歳没)

職業:交通事故鑑定人

 

駒沢幹夫さんは、民間の交通事故鑑定人の草分け的存在の方で、50年間にわたり

数々の交通事故を鑑定し、またずさんな捜査を覆していった人なのだそうです。

そしてそんな駒沢さんの口癖が「現場のキズはウソをつかない」とのことのよう

で、現在ではお弟子さんがその意思を引き継いでいらっしゃるとのこと。

 

・駒沢幹也は孫を事故で亡くしていた!

実は駒沢さんは自身のお孫さんを交通事故で亡くされていたようなのです。

なんか駒沢さん自身が交通事故鑑定人として生涯お仕事をされていたのに、皮肉

な感じがしてしまいますよね?

 

引用元:https://www.mika-y.com/upload/images/20160818001119.pdf

 

あまり詳しくは語られていないのですが、交通事故でお孫さんをなくし、

その加害者が素直に駒沢さんの元に謝りにきたとのこと。

 

駒沢さんによれば、相手の保険会社の人も駒沢さんのことを知っているため、

素直に加害者に謝罪をさせたのだろうと推測されています。ただこの素直な

謝罪があったからこと、無念は残るけれども、怨念は残らないとおっしゃって

いるのです。

 

こういったことは、被害者側じゃないと言えない言葉かもしれませんね。確かに

素直に謝罪があれば、怨念とまではいかないかもしれませんね。しかしながら、

自分よりも短い命であったお孫さんのことを考えると本当に無念だったと思いま

す。

 

・最後のメッセージとは?

駒沢さんの最後の”メッセージ”というのは、一体どんなことなのでしょうか?

それがこちらです。

 

引用元: https://www.mika-y.com/upload/images/20160818001119.pdf

 

この言葉は上述したお孫さんが亡くなった際の状況とも似ているのかもしれませ

んね。遺族にとっては加害者側の『嘘』が本当に辛い。素直に謝ってくれれば、

もちろん完全に許すというところまではいかないにせよ、いくらか気持ちのうえ

では楽になれるのかもしれません。

 

・まとめ

今回は、

 

『アンビリバボー|駒沢幹也は孫を事故で亡くしていた!

最後のメッセージとは?【奇跡体験!アンビリバボー】』

 

について見ていきました。

 

7月11日放送の『 奇跡体験!アンビリバボー 』駒沢さんの手腕が楽しみです。

期待したいと思います。

 

<関連記事>

フロイド・マーティン(郵便局員) 35年にピリオド!感動のスピーチとは?【奇跡体験!アンビリバボー】

・ルーク・テリーの経歴は?片腕のキャッチャー|過去にMLB選手はいたのか?【奇跡体験!アンビリバボー】

バーナード・マドフ 史上最大の6兆円詐欺事件の犯人の素顔とは?【奇跡体験!アンビリバボー】

杉田秀之 富士山登頂!(画像有)なぜラグビー事故は起こったのか?【奇跡体験!アンビリバボー】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする