清塚信也(ピアニスト) 羽生結弦と共演!実はハーフで発達障害?【24時間テレビ42】

8月24日から放送される『24時間テレビ42』にて、羽生結弦さんが 北海道胆振

東部地震の被災地の方々へ復興の願いを込めて、アイスショーを開催されます。

そこでピアニストの清塚信也さんも、地元厚真町の吹奏楽団をサポートされるそ

うなのです。

 

そこで、今回はそんな清塚信也さんについてのプロフィールと、実はハーフで発

達障害?ということについても調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

・清塚信也のプロフィール

 

 

本名:清塚信也(きよづかしんや)

生年月日:1982年11月13日(36歳)

血液型:B型

出身地:東京都

学歴:桐朋女子高等学校音楽科(共学)主席卒業・モスクワ音楽院

 

清塚信也さんは母親の影響で、5歳でピアノを習い始めました。ただ幼い頃から

の将来の夢は野球選手だったそうで、運動にも時間を使っていたのだとか。そん

な中、中学生のピアノのコンクールでの予選落ちをきっかけに1日で利用できる

大半の時間をピアノのレッスンに捧げ、見事これが功を奏し1年後の1996年には

1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部で1位を受賞しまし

た。

 

・清塚信也(ピアニスト) 羽生結弦と共演!

今回の『 24時間テレビ42 』では、冒頭でもお伝えしたようにフィギュアスケ

ートの羽生結弦さんと清塚信也さんは共演をし、またなんと松任谷由実さんとも

共演をされるそうなのです。番組の予告では以下のような告知となっています。

 

7月28日(日)に放送された「24時間テレビ 事前番組」内にて、フィギュアスケートの羽生結弦選手が、北海道胆振(いぶり)東部地震への復興の願いを込めて、24時間テレビ42の中で、スペシャルアイスショーを行うことが発表された。


自身も東日本大震災で被災したフィギュアスケートの羽生結弦選手。
これまでも被災地の訪問を続け、人々に希望を届けるアイスショーを行ってきた。


そんな羽生選手が、今年の24時間テレビ42では、
2018年、9月に発生した北海道胆振(いぶり)東部地震の被災地を訪れ、被災地復興の願いを込めて、被災地の方々を招いての、スペシャルアイスショーを行うことが分かった。


演目は羽生選手にとっても思い入れの強い名曲「春よ、来い」。そして、今回その生みの親であるアーティストの松任谷由実と夢の共演を果たす。
ピアノの演奏を務めるのは、こちらも羽生選手と共に昨年「春よ、来い」のパフォーマンスで共演した日本を代表するピアニストの清塚信也。


さらに今回のアイスショーには、被災地である厚真(あつま)町町民吹奏楽団の方々も参加。
震災によって、尊い命をなくされた楽団指揮者‧松下一彦さんへの鎮魂の思いものせて演奏し、ショーを共に作り上げる。

引用元:日テレ

 

どのようなアイスショーになるか楽しみですね!ぜひ期待したいと思います。

 

・清塚信也は実はハーフで発達障害?

清塚さんについて調査してみると意外な事実が判明しました。それは清塚さんが

母親が韓国人、父親が日本人のハーフであることです。そしてその母親がピアノ

に関しては超がつくほどのスパルタ教育で、「ピアニストになれないなら生きな

くていい」とも言っていたとのこと。けっこう強烈な母親ですね。。

 

また清塚さんについては発達障害?という噂もあるようなのですが、これについ

て調査してみるとそういった事実はなく、どうやらこれは単なる噂のようです。

 

・まとめ

今回は、

 

『清塚信也(ピアニスト) 羽生結弦と共演!実はハーフで発達障害?

【24時間テレビ42】』

 

について見ていきました。 

 

8月24日から25日にかけて放送される『 24時間テレビ42 』では、様々な企画

が放送されるので楽しみにしたいと思います。

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする