北尾淑惠(双羽黒の嫁) 双羽黒事件とは?事件後の妻の重大な決断は?【爆報!THE フライデー】

6月28日放送の『爆報!THE フライデー』にて、元横綱双羽黒の妻・

北尾淑惠さんが出演されます。そこでは、若干55歳の若さで亡くなった

夫・北尾光司(元双羽黒)の晩年について語られるそうです。

 

今回は、元横綱が起こした双羽黒事件についてと、その後に北尾淑惠さん

は重大な決断を下すのですが、その内容について見ていきましょう。

 

———————————————————————————————————–

スポンサーリンク

・双羽黒のプロフィール

 

 

本名:北尾光司 (きたおこうじ)

生年月日:1963年8月3日

没年月日:2019年2月10日(55歳没)

身長:199cm

出身地:三重県津市

 

北尾光司さんは、幼少時代に父親の影響で柔道を始めたそうで、通っていた

小学校に土俵ができたことから、そこから毎日のように相撲をとっていた

そうです。その結果、次第に相撲が好きになり商店街での大会でも優勝する

ほどの実力だったとのこと。

 

中学に入学すると周りにはあまりの強さから対戦相手がいなくなり、高校へも

出稽古などするもそこでも圧倒しており、角界からも注目され中学卒業後には

立浪部屋に入門しました。

 

・ 立浪部屋へ入門後

中学卒業し、初土俵を踏んだ時期にはすでに身長が195cmを超えていたようで

かなり注目されていたそうなのですが、ただ少し厳しい稽古をするとすぐに

根を上げるなど、精神的な甘さが目立ったいたとのこと。

 

しかしながら、その実力は本物で22歳11ヶ月で横綱昇進を決め、昭和以降での

スピードは4位だったそうです。

 

それにしても、中学卒業時で195cmは本当にすごいですよね?それなら、確かに

中学時代には対戦できる相手がいなかったということも頷けます。

横綱昇進を決めた際には、実力はあったのですが、ただ精神的な弱さを心配する

声もあったようで、それが後の双羽黒事件につながっていくのでした。

 

・双羽黒事件とは?

北尾光司さんはこの双羽黒事件をきっかけに廃業になってしまいます。

その発端と言われているのが、 部屋の若い衆の作るちゃんこの味付け

が不満だったようで、若い衆と対立。そしてその仲裁に入った女将

さんを突き飛ばし、部屋から出ていってしまいました。

そして、そのことがきっかけで立浪親方が協会へ双羽黒関の廃業届を

提出、これが受理され相撲界から去ることになります。

 

しかしながら、この事件の真相については疑問視されることも多く、

北尾自らの著書では部屋を出る際に女将に止められた際に振り切った

だけだと主張されており、それを立浪親方が大袈裟にマスコミに煽った

と語っているようです。また、立浪親方側が訴訟などの公での裁判も

されていないことから、双羽黒事件の真相については、うやむやなままに

なっているとのこと。

 

この事件に関しては難しいですね?おそらく当時の状況的に立浪部屋の

若い衆と対立していたということは、双羽黒関の味方も少なそうですし、

世間からの双羽黒関に対しての見方というのも微妙だったようなので、

やはりこれまでの信頼というのが影響した感じにも見えてしまします。

 

・事件後の妻の重大な決断は?

北尾淑惠さんは、光司さんが小結に昇進したのをテレビで見たのがきっかけ

で一目ぼれし、バレンタインチョコを渡し交際がスタートしたそうです。

 

そして双羽黒事件の際も交際中で、横綱廃業後に世間から冷ややかな目が

向けられている中で、「今こそ支えるべきだ」と決断し結婚に踏み切った

とのこと。

これは本当にすごい決断ですよね?普通なら、世間の目が厳しい中では

不安な気持ちになりそうなのですが、それを逆に結婚という決断に踏み切って

しまうとはとてもすごいことだと思います。

 

・まとめ

今回は、 

 

「北尾淑惠(双羽黒の嫁) 双羽黒事件とは?

事件後の妻の重大な決断は?【爆報!THE フライデー】」

 

について見ていきました。

 

6月28日放送の『爆報!THE フライデー』では、北尾光司さんの晩年について

の内容が放送されるとのことです。55歳という若さで亡くなってしまったとの

ことで、どのような状況だったのか確認してみたいと思います。

 

< 爆報!THE フライデー 関連記事>

土家里織 現在は女性を裸にしアレを施していた!兄の事故死とは?【爆報!THE フライデー】

萩原まゆ美 奇行ヤバイ?荼毘直前の改名の思案、態度が急変の謎の数々!【 爆報!THE フライデー】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする