樋口裕希 バレーの二刀流の日本代表?データを駆使する頭脳派プレーヤー!

10月1日からバレー男子のワールドカップが開催されます。そこでは、バレー界

での二刀流プレーヤーして日本代表として選出された樋口裕希選手が注目されて

います。 樋口裕希選手と言えば、群馬県の出身でも有名な進学校にも通うほど勉

強もできていたそうで、データを駆使する頭脳派プレイヤーなのだそうです。

 

そこで今回は、樋口裕希選手のプロフィールとどのようなプレイヤーかについて

見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

・樋口裕希のプロフィール

 

 

本名:樋口裕希(ひぐちゆうき)

生年月日:1996年4月27日(23歳)

身長:191cm

出身地:群馬県

 

樋口裕希選手は小学校の頃にはドッチボールで全国大会へ出場するなど運動が得

意で、バレーボールを始めたのは中学生に入ってからでした。意外と遅いスター

トですよね。そして中学卒業後は、バレーの名門校に進むのではなく、群馬県内

でも有数の進学校である高崎高校に進学するのでした。

 

高校時代というのは、進学校ということもあり毎日たくさんの勉強の課題があっ

たそうで、バレーの強豪校というのはその分練習漬けの日々です。そんなことも

あり、高校時代というのはバレーの全国大会で上位の結果を残すことはできなか

ったのですが、卒業後に筑波大学へ進学することにより転機を迎えるのでした。

 

・データを駆使する頭脳派プレーヤー!

筑波大学進学してからは、練習の量や質以外に「データ」ということを知ったそ

うで、そこから持ち前の体格と、高校時代から培っていた頭の良さに「データ」

を取り入れることにより、戦術やスパイク、サーブといったところを分析し、試

合に活かしていきました。

 

これをきっかけにし、樋口裕希選手の才能も開花し周りに認められ2019年からは

全日本のメンバーにも選出されるのでした。

 

・樋口裕希 バレーの二刀流の日本代表?

 

 

樋口裕希選手は元々ミドルブロッカーだったそうなのですが、代表の出場機会な

どではウィングスパイカーのポジションが多いそうなのです。そしてそのことに

ついて、樋口選手自身はこのように答えていました。

 

「クイックのテンポでサイドからスパイクが打てたり、バックアタックが打てれば自分の幅も広がるし、チームの攻撃も増える。今までずっとミドルで、苦しい時もこのポジションで乗り越えて来たという自信はあるし、サイドではまだその経験はないですけど、だからこそこれから。サイドでも修羅場を経験して、苦しい場面でもそこを潜り抜けられたら、もうちょっと、うまくなれるんじゃないかな、って思うんです」

 

引用元:YAHOO!ニュース

 

とても前向きな発言ですし、また監督やコーチからもおそらくそのポジションも

できると思われて出場機会があるということでしょうから、きっと期待されてい

るのでしょうね!

 

・まとめ

今回は、

 

『樋口裕希 バレーの二刀流の日本代表?データを駆使する頭脳派プレーヤ

ー!』

 

について見ていきました。

 

10月1日から始まる男子バレーボールのでは、樋口裕希選手も代表として選出さ

れています。どのポジションで出場されるのかも楽しみですが、それとともに

「データ」を用いた頭脳派プレーにも注目したいと思います。

 

<関連記事>

清水邦広 ケガから復帰!新星を引きずり下ろすの真意とは?

深津英臣 髪の毛が気になる?ドーピング回避の為の選択とは?

柳田将洋 髪の毛が気になる?慶應出身のエリートの経歴とは?

西田有志 ジャンプ力が凄くダンク?(画像有)コラボしたブランドとは?

古賀太一郎(バレー) ヒゲの理由は?実は兄も全日本のメンバーだった?

・山内晶大 指輪の結婚相手は誰?実は喫煙者だった?

藤井直伸 出待ちと彼女の関係は?人気の秘密はなぜなのか?

李博 ゴーグルメガネはなぜ?実は案外単純な理由からだった!

高橋健太郎(バレーボール)実は甲子園を目指してた?なぜ辞めた?

福澤達哉 子供の性別は?秀才の夢は弁護士だった?

大竹壱青の父と姉もバレー選手!熱狂的に好きなアイドルとは?

関田誠大の移籍先って?彼女と結婚のついての状況とは?

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする