早川憲幸 柔道家としてコロンビアで起こした奇跡とは?ジュリ・アルベアルとの二人三脚!【奇跡体験!アンビリバボー】

8月22日放送の『奇跡体験!アンビリバボー』では、日本人柔道家の早川憲幸さ

んが紹介されます。番組の予告欄では以下のような告知がされています。

 

柔道選手として世界で活躍することを夢みていた1人の日本人柔道家。


しかし、世界の壁は高く夢を叶えることはできなかった。
それでも彼は諦めず、監督として世界へ挑戦することに!彼が降り立った地はコロンビア。そこで1人の女性選手と出会う。しかし、彼女は試合で勝つことにこだわり過ぎていた。
なぜなら彼女は柔道を楽しんでいたのではなく、生活のために柔道を始めた選手だった。
選手として挫折した日本人!生活のために柔道を始めた女性!


この偶然の出会いが2人の人生を大きく変えアンビリバボーな奇跡を起こすことに!  

引用元:フジテレビ

 

そこで、今回は早川憲幸さんがコロンビアの選手・ジュリ・アルベアルさんとの

二人三脚で起こした奇跡について見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

・早川憲幸のプロフィール

本名:早川憲幸(はやかわのりゆき)

生年月日:1981年3月20日(38歳)

身長:175cm

出身地:埼玉

 

早川憲幸さんの実家は道場を営んでおり、5歳の頃から柔道は始めました。高校

時代にはインターハイの81kg級で3位となり、また大学時代にも3年と4年時に2

年連続で3位となりました。

 

その後、総合格闘技や消防士をされていましたが、次第に海外での柔道指導を志

すようになり、2009年の5月からコロンビアの柔道協会と契約し、コロンビアの

柔道ナショナルコーチへ就任されました。

 

・ジュリ・アルベアルとの二人三脚!

コロンビアでの生活は大変だったようで、治安が悪かったり、またコロンビアの

選手たちも時間にルーズで集合時間に集まらなかったりと、なかなか思うに行か

なかったそうなのです。

 

しかしそんな中、時間をしっかり守り、練習も休まず、技なども熱心に学ぼうと

する選手がおり、その選手が”ジュリ・アルベアル”という選手だったのです。

 

そこから早川さんとジュリ・アルベアル選手との二人三脚の指導が始ますのでし

た。

  

やはり、早川さんは柔道を教えたいという強い思いでコロンビアに渡ったわけで

すからやる気のない選手とは対照的に、練習熱心なジュリ・アルベアル選手の姿

勢は嬉しかったでしょうね!また南米の選手ということで、肉体的な強さに関し

ては申し分ないとは思うので、しっかり精神的な部分も持ち合わせていれば、将

来活躍できるだろうという期待もあったのかもしれません。

 

・早川憲幸 柔道家としてコロンビアで起こした奇跡とは?

早川さんの指導というのが徹底的に勝ちにこだわった指導で、日本のオーソドッ

クスな柔道スタイルではなく、ジュリ・アルベアル選手が得意とする双手刈、朽

木倒、肩車などの得意技を伸ばしていく指導法だったそうなのです。

 

そして見事その指導法や、本人の練習への熱心な取り組みの結果、2009年の世界

選手権では、すべて一本勝ちで優勝しました。またそれは、コロンビアにとっ

ても初となることでした!

 

その後もジュリ・アルベアル選手は順調に勝ち実績を積んでいき、2012年のロン

ドンオリンピックでは、ここでもコロンビア初となる銅メダルを獲得したのでし

た。

 

・まとめ

今回は、

 

『早川憲幸 柔道家としてコロンビアで起こした奇跡とは?

ジュリ・アルベアルとの二人三脚!【奇跡体験!アンビリバボー】』

 

について見ていきました。 

 

8月22日放送の『 奇跡体験!アンビリバボー 』では、実際の早川さんの当時の気

持ちなども語られると思うので、そちらも楽しみにしたいと思います。

 

<関連記事>

バーナード・マドフ 史上最大の6兆円詐欺事件の犯人の素顔とは?【奇跡体験!アンビリバボー】

タイタニック もう一つのラブストーリーはストラウス夫婦?未来のための決断とは?【奇跡体験!アンビリバボー】

杉田秀之 富士山登頂!(画像有)なぜラグビー事故は起こったのか?【奇跡体験!アンビリバボー】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする