haru 10人の多重人格者!どのようにして形成されたのか?【1番だけが知っている】

10月28日放送の『1番だけが知っている』にて、10人の多重人格者が存在すると

いうharuさんが紹介されます。一般的に多重人格者と言えば、「 解離性同一性

障害 」としてメディアなどに出演しない方がほとんどだと思うのですが、こう

いった形でテレビ出演されるのは珍しいと思いませんか?

 

そこで今回はそんなharuさんについての経歴と、多重人格がどのようにけいせ

いされていったのか?について見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

・haruのプロフィール

生年月日:1996年生まれ(23歳)

職業:通信制大学の学生

 

haruさんは物心がついた頃から若い男性の声が頭の中で聞こえていたそうで、

その声に従って行動していたそうなのです。そしてその男性というのは理性的

で、日常のきちんとした振る舞い方を教えてくれharuさんはその声に従って行

動をしていたため、周りの大人からはとてもしっかりした子として見られていた

とのこと。

 

このことについてharuさん自身は誰もがそういうものだと思っていたそうで、

逆にまわりの同学年の子が頭の中の声に従わずに怒られるのを見て不思議に思っ

ていたそうなのです。確かに日常生活で特に問題がなく過ごしていれば、当たり

前のこと過ぎてわざわざ聞いたりしないですもんね。

 

・haru 10人の多重人格者!どのようにして形成されたのか?

一般的にこの「 解離性同一性障害 」というものは、つらい経験など強いストレ

スを受けたときに別人格を作り上げることによりそれを回避するために起こるそ

うなのですが、稀に生まれつき解離していて別人格を持っている人もいるそうな

のです。

 

haruさんも場合について調べてみると、どうやら幼い時に両親の離婚や、また

父親が亡くなったこともあるそうなのですが、もしかしたら生まれつき解離した

パターンなのかもしれませんね。

 

ただ中学生になってからは、自身の性別に対しての違和感や成績が思うように上

がらなかったが原因で不登校がちになっていきました。そこで病院に行くと「う

つ病」と診断され、別人格が顕著に出てくるようになってきたそうなのです。ま

た学校の勉強に関しても、普通勉強をやらなくなると成績は下がっていくものな

のですが、テストの際には本人の記憶は無くなり、別人格がテストを受けて高得

点をとるようになったとのこと。

 

そういった経験が無い人にとっては不思議が感じもしますが、それにしてもいき

なり記憶が無くなり、なんらかの事がなされているというのは本当に怖いし心配

でしょうね。

 

・まとめ

今回は、

 

『haru 10人の多重人格者!どのようにして形成されたのか?

【1番だけが知っている】』

 

について見ていきました。

 

10月28日放送の『 1番だけが知っている 』ではSPとのことで他にも様々な話題

が取り上げれられるので楽しみにしたいと思います。

 

<関連記事>

ウォレス・ソウザ(司会者) 視聴率のための連続殺人?ブラジルの衝撃番組とは?【1番だけが知っている】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする