ハン・ジソン 飲酒運転起因の事故死か!?夫の職業と不可解な発言との関連性は?

5月6日、韓国の女優ハン・ジソンさんが

結婚2か月目で車にはねられ亡くなるという

痛ましい事故がありました。

 

このことについて、韓国メディアが

ハンさんの血液からアルコールが

検出されたと発表しました。

 

今回はその内容と、ハンさんの夫の職業、

また不可解な発言の関連性についてまとめました。

スポンサーリンク

・ハン・ジソンの事故経緯

まず簡単に事故の経緯を見ていきます。


事故は6日午前3時52分に仁川地域の消防署に通報が入った。通報者は事故現場を通過した車に乗っていた人だ。事故発生地点は空港高速道路ソウル方向開花(ケファ)トンネル入口100メートル手前だ。事故が起きた道路は路肩がある片側3車線で制限速度は100キロメートルだ。 

  事故の推定経緯を見ると、不明な理由でハンさんが乗るベンツが第2車線に非常灯をつけて止まった後にハンさんが外に出てきて、続けて走行中だったタクシーがベンツ右後方部とハンさんに突っ込んだ。さらに第1車線を走行中だった乗用車がハンさんにぶつかった。事故に遭ったハンさんは意識と呼吸がなく頭部を大きく負傷した状態だった。救急隊がソウルにある病院にハンさんを搬送したが死亡した。 

引用元:https://japanese.joins.com/article/183/253183.html?servcode=700&sectcode=740

 

この事故で一番疑問となっているのが、

なぜハンさんは3車線の真ん中の第2車線で停車させたのか?

ということです。

 

また、ハンさんの夫の不可解な言動にも

さまざまな不可解な点があり話題になりました。

'2차로 정차' 남편도 "모르겠다"…여배우 사고 영상 보니 / SBS

・ハン・ジソン 飲酒運転起因の事故死か!?

それではハンさんの血液から

アルコールが 検出された記事を見てみましょう。


仁川(インチョン)国際空港高速道路で発生した交通事故で死亡した女優の故ハン・ジソンさんが、飲酒運転をしたという報道が出た。

17日、ノーカットニュース(Nocut News)は「故ハン・ジソンさんが国立科学捜査研究院の第1次解剖結果、飲酒運転をしたことが明らかになった」と報じた。ノーカットニュースは「解剖の結果、多発外傷とみられるという所見だけではなく、ハン・ジソン氏の血中アルコール濃度が免許取り消し(0.1%以上)の水準だったという趣旨の結果を国立科学捜査研究院が伝えたという」と報じた。

これに先立って、京畿(キョンギ)金浦(キムポ)警察署によると、故ハン・ジソンさんは今月6日午前、京畿(キョンギ)金浦(キムポ)市仁川国際空港高速道路ソウル方向のIC付近でタクシーとミニバンにはねられ、死亡した。

引用元:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2117351

この記事の内容から、

ハンさんは免許取り消しの水準以上の

アルコールが検出されたとのことで

かなり飲んでいたのが想像できます。

 

そうなってくると、

ハンさんのアルコールの耐性にもよるでしょうが

判断力が鈍っている可能性も考えられます。

 

もしそうならば、今まで不可解に思われていた、

高速道路の中央車線に車を停止させたこと、

またその後、下車して車の後方に行ったということも、

ある程度は納得できるのではないでしょうか?

 

しかしそれでも納得できない部分としては、

ハンさんの夫の発言です。

 

普通助手席に乗っている夫は妻がお酒を

飲んでいるかどうか気づくはずなのですが、

警察の調査では夫は自身は酒を飲んだが、

ハンさんは飲んだかどうか見ていない

供述していたようです。

そういうものなのでしょうか?

スポンサーリンク

・夫の職業と不可解な発言との関連性は?

韓国の報道によれば、

ハンさんの夫は弁護士とのことです。

 

そして韓国では、日本と同様に飲酒運転に関しては、

厳罰化が行われているようで、

実際、2018年には法改正も行われ、

現在最高刑は無期懲役となっています。

 

ということは弁護士であるはずの夫は

もちろんこの厳罰化について詳しいはずで、

また妻が飲酒をして車を運転していることを知っていたとしたら、

重い刑罰が課せられるのではないでしょうか?

「 そのために妻の飲酒はみていない 」

と供述したのではないかと疑ってしまいますよね。

 

韓国の飲酒ほう助罪についてこんな記事がありました。


ハン・ジソンの飲酒運転が確定した場合、当事者が死亡したので公訴権なしの処分が下されるが、夫は飲酒運転ほう助罪が適用される可能性もある。この場合、ハン・ジソンを轢いたタクシー運転手など事故の当事者の処罰に影響があるものとみられる。 

引用元:https://sp.kdaisuki.jp/news/detail/?id=144402

・まとめ

今回は、ハン・ジソンさんは飲酒運転起因の

事故死によるものかどうかと、

夫の職業と不可解な発言との関連性に

ついて見ていきました。

 

まだ捜査については続いているようで、

今後詳細は明らかにはされていくかと思います。

 

また詳細が分かりましたら、

追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする