グラインダーとは?田口淳之介の薬物常習性を示す?どんな画像なのか?

元KAT―TUNの田口淳之介容疑者が

大麻取締法違反容疑で逮捕され、

自宅からか「グラインダー」という器具が

発見されたといいます。

 

今回はその「グラインダー」とはどういうものか?

またその画像と、なぜそれが田口容疑者の常習性を

示すのかを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

・グラインダーとは?どんな画像なのか?

さてそれではグラインダーとはどんなものなんでしょうか?

この言葉自体、私自身も初めて聞きました。

調べてみると、どうやら、

グラインダーというのは、大麻を細かくするための

器具のようで、大麻を認めている一部の国では

普通に販売されているもののようなのです

 

それでは実際どのような画像が見ていきます。

・グラインダーの画像

こちらが画像です。

この中に大麻を入れて細かくするようですね。

イメージとしては、もっと刃が鋭いような感じかと思ったのですが、

案外そうでもないようです。

スポンサーリンク

・グラインダーの実際の利用法とは?

それでは実際グラインダーはどのように利用されているのでしょうか?

「吸引法としては最近になって流行している。大麻は粉砕しなくてもたばこなどと混ぜて吸引することは可能ですが、グラインダーを使えば量が均一化する。効果が一定になるので、性行為前のカップルが使用して吸引するケースが多いです」。コーヒーミルでも代用することは可能というが、仕上がりは専門のグラインダーの方が良くなるため、ネット上などで高値で取引されている。


 北芝氏によると、円筒状で内部に刃(やいば)が仕込まれており、大麻を入れた後にフタ(あるいは取っ手)を回して粉末状に。その上で、たばこに混ぜて巻き紙で巻いたり、パイプに入れて吸引することが可能になるという。


 一方、使用した場合は器具内部に微量の大麻が付着するため、押収された場合に吸引の証拠品となることを考慮して使用しない者もいるようだ。

引用元:スポーツ報知

引用元:スポーツ報知

どうやらグラインダーを利用するとにより、

たばこなどに混ぜて吸引するよりも、効果が均一化されるようです。

均一化されていたほうが、

一定のペースが持続できていいということですかね?

 

・グラインダーは田口淳之介の薬物常習性を示す?

大麻というのは通常たばこなどに巻いて利用するそうなのですが、

それをわざわざグラインダーを利用して大麻を吸うということなので、

常習性が高いようなのです。

 

またグラインダーを所持しているということで

こんな意見がありました。

「リスクを分かっていながら使うことになるので、使用者は高い常習性を持っているもの、つまりプロが多い」と指摘する。

引用元:スポーツ報知

やはり、今回自宅でグラインダーが

見つかったということは常習性の高さを

示すことになりそうですね。

大麻取締法違反容疑で逮捕された、 元KAT-TUNの田口淳之介容疑者が 以前同じグループであった田中聖さんから、 「おま...

・まとめ

今回は、グラインダーとはどんなものか?ということと、

それが田口淳之介容疑者の薬物常習性を示すものなのか?

という点について見ていきました。

 

この逮捕については、アイドルグループKAT‐TUN

の元メンバーで、グループ脱退時にもさまざまな疑問が

挙がっていた田口淳之介容疑者であったので、

世間からの注目も大きいような感じがします。

 

また田口容疑者の人柄についてや”大麻”自体の話題なども

大きく取り沙汰されています。

そのため、今後も何か新しい展開があると思うので、

その際にはまた記事にしていこうと思います。

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする