瀧川鯉斗(落語家)は激レアさん!なぜ暴走族総長から落語家へ?【激レアさんを連れてきた。】

10月19日放送の『激レアさんを連れてきた。』では、元暴走族総長から落語家へ

と転身した瀧川鯉斗さんが紹介されます。しかも落語の知識が一切ない状態から

落語の世界に入ったというのです。意外ですよね?

 

そこで今回はそんな瀧川鯉斗さんのプロフィールと元暴走族総長が落語家へとな

ったきっかけについて見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

・瀧川鯉斗のプロフィール

 

 

本名: 小口直也 (おぐちなおや)

生年月日:1984年1月25日(35歳)

出身地:愛知県名古屋市

 

瀧川鯉斗さんは東京で生まれ、父親の仕事の都合で転勤が多かったようで北海道

の札幌や愛知県の名古屋市で暮らしていました。瀧川さんはとてもスポーツ万能

だったそうで、野球やサッカーのチームにも所属し中学時代にはその能力の高さ

からキーパーとして県代表のトレーニングに参加するほどだったそうなのです。

しかし生活態度の乱れから高校へのサッカーによる推薦もあったそうなのです

が、それが無くなってしまったとのこと。

 

それにしても県代表にも選ばれるほどの実力がありながら、素行の悪さで高校へ

の推薦なども取り消されてしまうのは少し勿体ない気がしてしまいます。

 

・瀧川鯉斗(落語家)は激レアさん!なぜ暴走族総長から落語家へ?

瀧川鯉斗さんは高校には入学はしたもののすぐに退学、そして仲間と暴走行為な

どをしていたとのことですが、「そのままじゃいけない!」と思い上京を決意

し、2002年に役者を目指し上京をしました。

 

上京後、東京でのアルバイト先のオーナーが龍川さんが役者を目指すことを知る

と、「役者をやりたいなら落語くらいは知っておけ!」とアドバイスをされ、そ

れがきっかけで瀧川さんの師匠でもある瀧川 鯉昇(たきがわ りしょう)さんの

講演会を見たとのこと。

 

そしてなんとこの初めての落語にもかかわらず、 瀧川鯉斗さんはすぐ師匠に「弟

子にして下さい」と頼み込んだそうなのですが、当時は全く落語の知識が無かっ

たため、師匠から「ひとまず落語を見て、それでもやりたければまた来なさい」

と言われたそうなのです。

 

その後、20回ほど落語を見て再度師匠の元に訪れ見事弟子になることができたと

のこと。それにしても1度落語を見たことがきっかけで、落語の世界に入りたい

と思わせることは相当瀧川さんにとっては大きな衝撃があったのでしょうね!

 

・まとめ

今回は、

 

『瀧川鯉斗(落語家)は激レアさん!なぜ暴走族総長から落語家へ?

【激レアさんを連れてきた。】』

 

について見ていきました。

 

10月19日の『 激レアさんを連れてきた。 』では、瀧川さんの経歴についてさら

に詳細に知れるかもしれないので楽しみにしたいと思います。

 

<関連記事>

激レアさんのテルコ(冨永照子)とは?伝説の女将の手腕とは?【激レアさんを連れてきた。】

激レアさん 菅野瑞治也の謎の秘密結社とは?真剣でのヤバイ決闘だった!【激レアさんを連れてきた。】

激レアさん 古田貴之はガリガリ博士!大病で余命8年の宣告をされていた過去とは?【激レアさんを連れてきた。】

激レアさん 坪倉優介は18歳で交通事故!その後のヤバイ生活とは?【激レアさんを連れてきた】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする