激レアさんのネタバレ!電卓のあたりめと男子1人の丸山大輔(7月13日)【激レアさんを連れてきた。】

7月13日放送の『激レアさんを連れてきた。』についての見どころとネタバレに

ついて紹介したいと思います。まず7月13日放送の内容は次のような激レアさん

について取り上げられるようです。

 

次回の激レア研究はこちら!


激レアさん【1】
高校に入ったら全校生徒478人中男子が自分だけだった人


激レアさん【2】
電卓を楽器扱いする人

引用元:tv asahi GO

 

どちらも気になる内容ですよね?それではそれぞれについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

・【激レアさんを連れてきた。】の出演者

 

https://twitter.com/geki_rare/status/1149644669380227076

 

7月13日放送の『激レアさんを連れてきた。』の出演者はこちらです。

 

研究員
若林正恭(オードリー)


研究助手
弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)


客員研究員
滝沢カレン、田中卓志(アンガールズ)

引用元:YAHOO!テレビGUIDE

 

・激レアさんのネタバレ!男子1人の丸山大輔

 

引用元:テレ東プラス

 

まず最初の激レアさんは、「 高校に入ったら全校生徒478人中男子が自分だけだ

った人 」として、丸山大輔さんが紹介されます。

 

丸山さんは、2015年度の山形県立鶴岡北高校の入学式で新入生160名中男子が 1

人の状況で入学されます。そして、全校生は478名おりその中でも男子は1人のみ

でした。

 

これはハーレムの状況でしょうか?または辛い状況でしょうか?

私からしてみれば、男子1人の状況というのはかなりつらい状況だと思います。

というのも、学校のイベントや体育など普通なら男女分かれるところでも1人な

ら分かれることもできないでしょうし、話も男女では会わないところも高校生な

ら、きっとあるはずです。

 

放送ではその辺りの話などもあるはずでしょうから、楽しみにしたいと思いま

す。また丸山さんについて別記事でもまとめてありますので、よかったらご覧く

ださい。

 

・激レアさんのネタバレ!電卓のあたりめ

 

引用元:ツイッター

 

続いて番組で紹介される方が、「 電卓を楽器扱いする人 」ということで現役大

学生のあたりめさんです。

 

あたりめさんは音の出る電卓を用いて様々な曲を奏でているのですが、その曲を

ツイッターやYouTubeなどであげているのです。そしてその曲が本当に見事な

こと。電卓を使っているとは思えないほどの出来なのです。一つこちらで紹介

します。

 

 

曲も見事なのですが、電卓のタッチ音も印象的でいいですよね?

また、あたりめさんはこの他にもピアノもお上手で、それについてもいろいろと

投稿されています。現役の大学生ということで、もしかしたら、音楽関係の大学

に通われているのかもしれませんね。

 

放送ではまた他に様々な音楽を聴けると思うので、それを楽しみにしたいと思い

ます。またこちらに関しても別記事でまとめています。こちらもよかったらご覧

ください。

 

追記1)あたりめさんを詳しく調査してみると、音楽関係の大学で勉強されてい

ることが分かりました!こちらの記事をご覧ください。

 

今は大学で音楽教育の勉強をしています。音楽の先生を目指して教職をとりながら、副科でピアノを演奏しています。定番の教本やベートーヴェンのピアノソナタなども練習してきました。ドビュッシーやラヴェルなどのフランスの作曲家が好きで、最近ではドビュッシーの《喜びの島》を弾きました。


クラシック以外では、米津玄師さんがとても好きです。あとはバックナンバーやアレキサンドロスといったバンドもよく聴きます。

 

引用元:ONTOMO

 

・まとめ

今回は、

 

『激レアさんのネタバレ!電卓のあたりめと男子1人の丸山大輔(7月13日)

【激レアさんを連れてきた。】』

 

について見ていきました。

 

7月13日放送の『 激レアさんを連れてきた。 』に登場されるお二人もホントレア

な方々で放送されるのが楽しみですね。どんな内容や事実がでてくるのでしょう

か?期待したいと思います。

 

<関連記事>

丸山大輔 男子1人の激レアさん!経緯と年1回の最高のイベントとは?【激レアさんを連れてきた。】

あたりめ 電卓を楽器扱いする人とは?実はピアノも上手だった!【激レアさんを連れてきた。】

激レアさん あたりめの電卓購入方法と誕生秘話とは?絶対音感の持ち主だった!【激レアさんを連れてきた。】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする