激レアさん 古田貴之はガリガリ博士!大病で余命8年の宣告をされていた過去とは?【激レアさんを連れてきた。】

8月17日放送の『激レアさんを連れてきた。』にて、古田貴之さんが紹介されま

す。番組の予告欄には以下のような告知がされています。

 

AIロボットの第一人者として日本を助けるロボットを作りまくっている人


しかも、研究に没頭しすぎてロボットを作るたびに、超ガリガリになる人

 

引用元:tv asahi GO

 

研究に没頭し過ぎてガリガリになるとはどの程度なのでしょうか?気になります

よね?そこで今回は、そんな古田貴之さんについてのプロフィールと、また過去

に大病で余命8年の宣告をされていたことについても見ていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

・古田貴之のプロフィール

 

 

本名:古田貴之(ふるたたかゆき)

生年月日:1968年

身長:190cm

体重:43kg

出身地:東京都

 

古田貴之さんは父親が医者という元に生まれ、幼少期はインドで過ごしたそうな

のです。そして、このころの将来の夢というのが、鉄腕アトムの天馬博士を見て

のロボット博士だったとのこと。ふつう小さい頃なら、アトムの方に憧れを持ち

そうなのですが、渋いですね。

 

・激レアさん 古田貴之はガリガリ博士!

プロフィールを見て驚いた方もいるかと思いますが、古田さんは身長が190cmも

あるのに体重が、なんと43kgしかないのです!

 

元々は、75kgという標準的に体重だったということですが、ロボット博士として

忙しく働いている彼は、集中すると2週間ほどものあいだ、ほとんど徹夜で食事

もあまりとらないこともあるとのこと。そのため、体重はどんどん痩せて現在の

43kgしかないのです。

 

いくらなんでも、かなり痩せすぎな感じもしますが、激レアさんに登場している

予告の画像では確かにかなり痩せていますね。ちなみに下の画像はもう少し体重

はあるかと思われる以前の画像です。

 

・大病で余命8年の宣告をされていた過去とは?

 

 

実は古田さんは過去に余命8年だと言われていた過去があるのです。

 

それは中学生時代のこと、サッカーの授業中に突如意識を失い倒れ昏睡状態に陥

ったそうなのです。そして意識を取り戻したのは、それから2週間後で、原因が

脊髄の難病でした。当時この病気で生きた生存者が最長8年だったそうで、また

古田さんはそこから入院生活を余儀なくされ、車いすで過ごすこととなったので

す。

 

しかしながら、古田さんは見事その病気を克服し、現在ではもちろん車いすで生

活することなく、元気で過ごしているようなのです。それにしても、現在は体重

が痩せすぎているので、無理はしないように気を付けて頂きたいものですね。

 

・まとめ

今回は、

 

『激レアさん 古田貴之はガリガリ博士!

大病で余命8年の宣告をされていた過去とは?【激レアさんを連れてきた。】』

 

について見ていきました。

 

8月17日放送の『 激レアさんを連れてきた。』では他にも握力130kgのプログラ

マーも登場されるようなので、そちらも楽しみにしたいと思います。

 

<関連記事>

激レアさん 坪倉優介は18歳で交通事故!その後のヤバイ生活とは?【激レアさんを連れてきた】

丸山大輔 男子1人の激レアさん!経緯と年1回の最高のイベントとは?【激レアさんを連れてきた。】

激レアさん 菅野瑞治也の謎の秘密結社とは?真剣でのヤバイ決闘だった!【激レアさんを連れてきた。】

激レアさんのテルコ(冨永照子)とは?伝説の女将の手腕とは?【激レアさんを連れてきた。】

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする