ガクト マレーシアに移住した収入源は?また飛んで埼玉の評判は?

ガクトの最新映画でもある「飛んで埼玉」の評判について、またそんな彼が現在移住している国がマレーシアなのですが、その家がとても豪華なのです。その収入源の理由について調べてみました。

スポンサーリンク

・ガクトのプロフィール

ガクトさんはとてもミステリアスなキャラクターでもあるシンガーソングライターなのですが、まずそんな彼のプロフィールを見ていきましょう。

本名:大城ガクト

生年月日:1973年7月3日(45歳)

血液型:A型

出身地:沖縄

彼は以外にも沖縄出身なんですね。また年齢が45歳なのですが、ネットなどで彼の身体をみると年齢不相応にもいい身体をしており、そてもそんな年齢には見えない肉体美なのです。

スポンサーリンク

・ガクトの収入源は?

ガクトさんは現在マレーシアに5年以上住んでおり、その自宅というのが広さ1700㎡とうことです。その値段は数億円~数十億円程度のようです。

ガクトさんは日本で見る限りはミュージシャンとして活動されているんですが、それだけではあの自宅と、また豪華な生活をするだけの十分な収入だとは考えにくいです。

そこでガクトさんの収入源となる活動を調べてみたのですが、

・CD販売

・ライブ活動

・グッズ販売

・テレビ出演

・CM

・ニコニコ動画

・マレーシアでの事業収入

など非常に多岐にわたって活動しており、おそらくその年収は数億円はあるのではないかと言われています。その中で主に収入としてのメインはCM出演などのタレント活動にあるようです。

そう考えるとあの豪邸とセレブな生活ができるのも納得です。

・ 『飛んで埼玉』 の評判は?

『飛んで埼玉』は埼玉県民が東京都民からひどい迫害を受けており、その中で東京都知事の息子である壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、埼玉出身で容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(ガクト)がW主演のギャグコメディーです。

今回この映画はディスりあいが話題となっており、2019年4月14日時点までで、観客動員数約257万人、興行収入約33億円とかなりヒットしています。

また報道では幅広い年代を動員し、リピーターもおり、特に地元・埼玉ではかなり盛り上がっているようで、公開3日間では東京の動員数を抑え、埼玉が1位になるほどの”社会現象”となったそうです。

これはそれぞれの人口から考えてもすごいことですね。

ということで、『飛んで埼玉』はかなり評判が良さそうな感じです。

・まとめ

ガクトさんはテレビで見る限りかなりミステリアスな感じで、生活も豪華だし、また芸能人格付けチェックでもずっと連勝をしているのでパーフェクトな印象を受けます。

そんなガクトさん、主演映画の話題もかなりいいので、今後もかなり注目できそうです。

ガクトさんといえば、ミュージシャンであるとともに最近では実業家であることでも知られています。そんなガクトさん、以前はヴィジュアル系ロックグ...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする