江波杏子 晩年の遺作とは?急死の病名とその原因とは?【爆報!THE フライデー】

9月6日放送の『爆報!THE フライデー』にて、昨年2018年10月27日に亡くなった

女優・江波杏子さんの知られざる素顔について、女優の浅丘ルリ子さんが語られ

るます。江波杏子さんといえば、元祖クールビューティーとも言われるほど、美

人な人だったそうなのです。

 

そこで今回は、そんな江波杏子さんについての晩年の遺作や休止の病名とその原

因について調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

・江波杏子のプロフィール

 

 

本名:野平香純(のはらかすみ)

生年月日:1942年10月15日

没年月日:2018年10月27日(76歳没)

血液型:A型

出身地:東京都渋谷区千駄ヶ谷

 

江波杏子さんは、中学生の頃に女優を志し、1959年の17歳の時に大映に入社され

ました。そして翌年の1960年には、映画『明日から大人だ』でデビューしまし

た。それにしても、画像にもあるように年をとってもお美しいですが、若い頃は

さらに美人ですよね。

 

・江波杏子 急死の病名とその原因とは?

江波杏子さんは冒頭でも記載したように、2018年10月27日にお亡くなりになっ

たのですが、その病名というのが「 肺気腫 」だったというのです。

 

これは、肺の組織が破壊され、息切れや呼吸困難が起こる症状が出るようなので

す。その原因の主なのが喫煙なのだそうで、江波杏子さんは元々は麻雀が好きで

それとともに、かなりのヘビースモーカーだったとのこと。そして60代の時に

肺気腫を患い、そこから禁煙されたようなのですが、肺の組織はもちろん戻るこ

とはなく、それでも日常生活には支障はなかったようです。肺気腫についてはこ

のように記載されている記事がありました。

 

アースクリニック池袋・根岸亮院長は「肺気腫は喫煙歴が長ければ長いほど

発症しやすく、あとは加齢による肺機能の低下により症状が悪くなるという形

だと思います」と話した。

引用元:FNN PRIME

 

最近では禁煙という風潮は強いですが、昔は喫煙者であればどこでもタバコを吸

っていた時代もあったので、ヘビースモーカーともあれば今では想像できないほ

どの数を吸っていたのでしょうね。

 

・江波杏子 晩年の遺作とは?

江波杏子の最後の仕事となり遺作となったものは、ラジオドラマだったそうで、

それが『 FMシアター 罵詈雑言忠臣蔵 』というものだったようなのです。

 

そしてその作品というのが、なんと亡くなられる5日前の10月22日だったとのこ

とで、周りの多くのスタッフも驚いたとのこと。それにしても、病気は患ってい

たにせよ普通に仕事をしていて、それが1週間と経たないうちに亡くなってしま

うとは本当に人生は何があるか分からないものですよね。

 

・まとめ

今回は、

 

『江波杏子 晩年の遺作とは?急死の病名とその原因とは?

【爆報!THE フライデー】』

 

について見ていきました。

 

9月6日放送の『 爆報!THE フライデー 』では、女優の浅丘ルリ子さんが 江波杏

子さんの素顔について語られるとのことで、どのような内容になるか楽しみにし

たいと思います。

 

<関連記事>

楯真由子(夏目雅子の姪) なぜ離婚して多額の借金か?現在は?【爆報!THE フライデー】

横井庄一の壮絶人生とは?結婚の馴れ初めと彼を襲った病魔とは?【爆報!THE フライデー】

唐渡亮 交番にライダーキックで逮捕!なぜ起こったのか?【爆報!THEフライデー】

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする