勉強をすると、ぼーっとするのはなぜ?4つの罠とは?

受験や資格試験のために勉強をやっていると、気持ちとは裏腹になぜかぼーっと

してしまうことってありますよね?

 

実際、私自身も仕事て必要な勉強をしている際や、また大学受験の勉強をしてい

る際に、「早くやろう!」とか「絶対にいい点数をとってやる!」という気持ち

はありながらも、気が付くとぼーっとしていたことが多々ありました。今でもあ

るんですけどね…(^_^;)

 

このことについて、私なりに自己分析をしてみるとあることがわかりました。そ

れは、以下の4つが原因だったのです。

 

・睡眠不足

・問題がレベルに合っていない

・時間を意識していない

・マンネリ化

 

きっと、これだけでも「あ~、わかる!」と当てはまる人もいるかと思います。

それでは具体的に説明していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

・睡眠不足

睡眠不足で頭がぼーっとしてしまうというのは、一番よく聞く声でもあります

し、実際ほぼすべての人が経験したことあることだと思います。

 

私は受験生時代にやはり勉強する時間を確保したいがために、1日3時間の睡眠で

勉強をしたことがありました。そうすると、時間というのが”勉強をするため”で

はなく、”眠気と戦うため”に費やしており、勉強の内容を理解したとしても全然

定着せず、かえって意味の無いことが多々あったのです。

 

また起業家でもあるホリエモンこと堀江貴文さんは、睡眠時間を6時間取るとい

うことをマイルールとしているそうで、これは社長時代でどんなに忙しい時にで

も徹底していたとのこと。

 

確かにショートスイーパーの人もいるのですが、いずれにしても人それぞれ確保

したい睡眠時間というのを知っておき、日ごろから睡眠不足にならないよう心が

けるのは、頭の回転をスムーズにするためには必要なのです。

 

・問題がレベルに合っていない

次に問題のレベルが自分に合っていないときです。

 

いざ勉強を始めようと思い参考書を開き読んでみると、自分のレベル以上の内容

が書かれており、理解することができない。そうなってしまうと、目はただ文字

を追って文章自体を追っているだけになり、内容が頭に入らないまま次第に頭は

ぼーっとしてしまいます。

 

もしこのような状況で、ぼーっとしてしまうならば参考書などを分かりやすく、

薄いものにでも変えてみると、スラスラ進み、また1冊が終わるペースも早いた

め、その達成感が満足感となり、さらにやる気が上がっていくのでオススメで

す。

 

・時間を意識していない

時間を意識していないために、頭がぼーっとしてしまうということもよくありま

す。

 

これは私が家庭教師や塾で教えている生徒で多いのですが、案外勉強というもの

の時間を意識せずにやっている子が多いのです。というのも、やはり勉強する時

間は多い方がいいとの思いからか、特に勉強時間の制限というのを決めていませ

ん。そのため、終わりの時間を決めないので、そこからの逆算して、「この時間

で、ここまで終わらそう!」というのがないのです。その結果、勉強途中で中だ

るみが生じて、ぼーっとしている生徒をよく見かけます。

 

これに対しては、しっかり時間設定を決めることで、タイムリミットが生じ意識

も集中できるので、そのようにした方がいいでしょう。

 

 

・マンネリ化

最後に勉強に対してのマンネリ化です。

 

これは私が浪人生時代のことなのですが、浪人生というのは学校があるわけでも

ないので、毎日が淡々と勉強をこなす繰り返しの日々なのです。その場合、日々

の勉強は当たり前になってくるのですが、それが逆にマンネリ化を生みぼーっと

してしまうことがあったのです。

 

また特に私の場合、予備校などには行ってなく、ずっと自宅で一人の勉強だった

ということもあり、今思えばいっそうそれが強かったと思います。

 

そんな時は、私の場合は散歩をしたりドライブをしたりして気分転換をしていま

した。他にも、友人と遊んだり、映画を見たりなどをして過ごすことにより、メ

リハリもでてくるので、もしマンネリ化によって頭がぼーっとするのであれば、

試してみることをオススメします。

 

・まとめ

何かを達成するために勉強をする際には、必ずと言っていいほど勉強に集中でき

ないために、ぼーっとすることはあると思います。これに関しては、人間はロボ

ットではないので、淡々と単調にこなしていくのは不可能です。

 

ただもちろん達成するためにには、集中して勉強していくのは不可欠なので、も

し仮に今回取り上げた、

 

・睡眠不足

・問題がレベルに合っていない

・ 時間を意識していない

・ マンネリ化

 

などで、集中できない場合にはぜひここで紹介した方法を試してみてください。

少なくともきっと少しは変化があるはずです!

 

<関連記事>

勉強であくびが止まらないのはなぜか?その対処法とは?

勉強はアウトプットがインプットより重要なワケとは?

『なぜ勉強をするのか?』一人一人が回答を持っていることが大切!

勉強が頭に入らない3つの原因と、その対処法とは?

勉強のやる気が出ないときの行動する3つの段階とは?

家庭教師・個別指導・塾どっちがいいの?それぞれのメリット・デメリットとは?

簡単な漢字暗記の勉強法とは?1日100個程度なら余裕で覚えられる!

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする