アンジャッシュ児島が渡部より役者として重宝される理由は?意外な児島の過去とは!?

お笑いコンビのアンジャッシュの児島さんはボケ担当で、いじられ芸人としての立ち位置を確立しています。対照的に渡部さんはグルメであり、番組のMCなどもされ、最近では女優の佐々木希さんとも結婚し子供も授かり話題になりました。しかし、現在は児島さんほう役者としても引っ張りだこで忙しいということなのです。今回は児島さんが重宝される理由について調べてみました。

スポンサーリンク

・児嶋一哉のプロフィール

本名:児嶋一哉(こじまかずや)

生年月日:1972年7月16日(46歳)

身長:177cm

血液型:A型

出身地:東京都八王子市

児島さんは日野高校に入学し、そのころから芸能界入りを決意していたようで、当時の同級生にヒロミさんの妹がいたということと、親同士も知り合いだったということで、人づてにヒロミさんの弟子にしてほしいと頼んだそうなのですが断られています。

その後高校を卒業し、直接ヒロミさんと会う機会があり再度頼んだそうなのですが、ヒロミさんには「俺なんかについてもしょうがないから自分ではじめたほうがいいよ」と言われ断られるのですが、その後ヒロミさんのマネージャーから、当時の事務所の人力車がお笑い芸人養成所のスクールJCAが開校することを聞いて第1期生として入校しています。

しかしながらJCAでは相方が見つからず、ピン芸人として1993年にデビュー。その後は、高校時代の人間から相方を探そうとし電話をかけたものの断られ続け、5人目で今の相方の渡部さんに「お前だけだ」と言い張って、アンジャッシュを結成しています。

それにしても児島さんが高校時代から芸能界入りをめざしてからの行動力や、高校時代の友達に断られながらも誘い続けることできるというのは、本当に強い心の持ち主だと思います。ただそれが、のちの空気が読めないようないじられキャラにつながったとは思いますが・・・

スポンサーリンク

・児島が渡部より役者として重宝される理由は?

児島さんは芸人としてはあまりパッとしないですが、役者としては最近では
『おっさんずラブ』 や 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』 、『僕らは奇跡でできている』 で多様な役として活躍しています。

その需要の背景としては、若者のネット利用などによりテレビ離れが進む中、テレビドラマのターゲットが40代以上となっているらしく、そのため大人の男性の役柄を違和感なく演じられる児嶋さんの需要が高いそうなのです。

対して渡部さんはテレビで見る限り、グルメで話題が豊富な話し上手でMCとしても活躍しています。そしておそらくお笑い芸人ですから、ネタを作って演じていくのと同様に、役者として演じることもできるかとは思います。しかしながら、児島さんが重宝される理由としては、おそらく渡部さんの適所となる役どころがあまりないのだと思われます。

確かに芸人の中では渡部さんはイケメンだと思いますが、俳優と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。また最近ネット上では、渡部さんのグルメや知識をひけらかすような感じが、鼻にかけていると声に上がっているようなので、もしかしたらその部分で需要がないのかもしれませんね。

・アンジャッシュ児島の意外な過去とは?

話は戻ってしまうのですが、児島さんについて調べてみると意外なことが判明しました。児島さんの印象と言えば、インドア派であまり目立たないような感じがするのですが、実は小学校時代は強豪のサッカー部のキャプテンをやっていたらしく、また中学では陸上部で活躍されたそうなのです。かなり活発ですよね?

しかし高校時代からは前述したように、芸能界入りを目指して高校も中退する気持ちもあったということで、斜に構えて今のような感じになってしまったのだとか。

・まとめ

アンジャッシュ児島さんについて調べてみて気づいたことがあります。

それは児島さんが芸能界に入るためにヒロミさんに2度もアプローチしたこと、また相方を誘うために何度も断られながらも渡辺さん見つけたこと、そしてこちらには記載していないのですが、今の奥さんと結婚するために何度かプロポーズするも断られ、付き合って15年目で結婚できたことから、何事もあきらめずに進む粘り強い人だと思いました。普通軽い気持ちではここまでできないですよね?

しかしその結果として、今の芸人スタイルである、名前をわざと間違えられて、「児島だよ!」というお約束のかたちができ、いじられキャラとしても確立したのかもしれませんね。

今後も児島さんの俳優、そして芸人としての活躍を楽しみにしたいところです!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする